<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 船井幸雄の運を創る運を開く | main | 成功への情熱〜PASSION >>

マッキンゼー式 世界最強の仕事術

偏毒のススメの「てつ」さんの所で、元マッキンゼーの大前研一氏の本が紹介されていまして、そう言えば読みかけのままで積読状態の本があったなぁと思い出したのが本書です。

マッキンゼーといえば、もはや解説すら必要ないぐらいに有名なコンサルティング会社ですが、今なら営業をしなくても顧客の方から依頼があるのは解るのですが、創業当初から売り込み営業はされていなかったそうです。

専門家によるサービスを提供する会社が宣伝や営業活動をする事は品格を下げる事だと思われていたからだそうです。


しかし、アメリカでは、同じ専門家の弁護士は事故現場に真っ先に行って名刺を配るという事も聞いた事がありますので、やはりマッキンゼーは凄い会社であることは間違いありません。



余談はさておき、本書ですが、普段、厳格なる守秘義務のもと、あまり表に出る事がなかったマッキンゼーの仕事の進め方、チームの組み方、マッキンゼーで学んだことなどが記載されています。


マッキンゼーの問題解決のプロセスは
  • 事実に基づき

  • 厳密に構造化され

  • 仮説主導である
という3つにまとめられます。

また、問題解決にあたり、不可欠な条件としてMECE(ミーシー)というのがあり、これは「mutually exclusive,collectively exhaustive」の頭文字で、「互いに重ならず、すべてを網羅する」という意味になるそうですが、考えを構造化するためには、混乱や重複を避けながら、しかも1分の漏れもあってはならないと言う事だそうです。


なにやら難しくなりましたが、要は、問題を解決するにあたり、大見出しを考え、その下に小見出しを考えて、と細かく分類して行き、その中で重複しそうなカテゴリや忘れているカテゴリはないかと細心の注意を払いながらディレクトリ化していく事で、最近ではパソコンやブログが普及していますので、そのイメージで考えてもらえればわかりやすいと思います。(基本的にはマッキンゼーでは何でも3つに分類されるそうですが)



又、面白かったのは、さすがはエリート集団。以前「1分間マネジャー」と言う本の事を書きましたが、マッキンゼーでは「エレベーターテスト」というものがあり、自分の出した解決策をエレベーターに乗っている30秒の間に説明しなければならないというものです。

はっきりと正確に、30秒で説明できる位に完璧に知り尽くし、それが出来れば自分のしている事を十分理解していると言う事であり、その解決策を売る資格があるのだとか。



又、コンサルティングを行うために、顧客企業の様々な部署の担当者に面接して聞き取りもされるのですが、その中でも興味をひいたのが、「面接調査を成功させる7つの戦略」の最後の7つ目でした。

それは、「刑事コロンボの戦術を用いる」と言うものです。

ご存知のように、コロンボは様々な質問を終えて出口に向かって立ち去ろうとした後で、必ず再度振り返って、指をこめかみに当てながら「ごめんなさい。あと一つだけ」と言いますが、そのお決まりのあのシーンの事です。

答えてもらいたい具体的な質問や欲しいデータが一つだけある場合、コロンボ戦術で入手できる事がよくある。

面接が終わると、誰でも少しリラックスする。
面接される人は、する人に支配されているような感じがしていたが、それもなくなった。

自己防衛的になる可能性がはるかに小さくなり、知りたいことや情報をその場で教えてくれる事がよくある。



なかなかお堅いイメージで、ビジネスエリート集団(何せ、ビジネススクールの上位成績者しか採用されず、1年後に昇進しなければ退社というような会社だそう)ですが、そんな会社の戦略にも「刑事コロンボ」が出てきて、少しホッとしました。

書かれている内容の殆どはマッキンゼーと言うコンサルティング会社での仕事術ですので、なかなか一般企業で即採用とはいかないと思いますが、個々のビジネスマンが考え方として持っておくには良い智慧が散りばめられていました。




人気blogランキング、皆様いつもありがとうございます。
おかげさまで、本日は19位にランクしていました。

ご協力頂きました皆様、本当にありがとうございました。

これからも頑張って日々新たな気付きを綴って行きたいと思います。


よろしければ今日もご協力頂けますと励みになります。m(_ _)m 人気blogランキングへ



↑他の本ブログを参考にされたい方も是非覗きにいって見てください。

ありがとうございました♪


ちなみにこんなのもあります。にほんブログ村 本ブログへ



マッキンゼー式 世界最強の仕事術
マッキンゼー式 世界最強の仕事術
イーサン・M. ラジエル, Ethan M. Rasiel, 嶋本 恵美, 田代 泰子





追伸:マッキンゼーといえば、日本最大級の有機野菜・無添加食品ネット宅配「Oisix(おいしっくす)」の高島宏平社長は元マッキンゼーです。

東京大学大学院工学系研究科を卒業後、マッキンゼー東京支社に入社。2000年の退職と同時にOisixを設立し、本年度の売上見込みは28億円という今年32歳の実業家。マッキンゼー恐るべし!!


一応、系列のオカシックスというのもありま




アクセス解析

* このエントリーをはてなブックマークに追加Check
HIDE * 経営・ビジネスの本 * comments(7) * trackbacks(0) * pookmark 

コメント

アキシンさん。こんばんは。

さすがですね。コロンボ作戦や30秒プレゼンを既に実践されているみたいですね。

私はまだまだ修行僧です。

これから門前の小僧になりに寄せて頂きます(^^;
Comment by HIDE @ 2005/08/05 2:01 AM
アキシンさん。こんばんは。

さすがですね。コロンボ作戦や30秒プレゼンを既に実践されているみたいですね。

私はまだまだ修行僧です。

これから門前の小僧になりに寄せて頂きます(^^;
Comment by HIDE @ 2005/08/05 12:51 AM
ベンチャー社長さん。こんばんは。
ご丁寧に訂正のご連絡ありがとうございます。

何せ、携帯は、ほぼ仕事の電話用のため、どちらかと言えば疎い分野になるかもしれません。

やはり、これを機会に携帯について勉強し直して見ます。

ありがとうございました。

Comment by HIDE @ 2005/08/05 12:46 AM
こんばんはアキシンです
僕もこの本は今では奥底にいます(汗)
Hideさんの書評みて改めて勉強になりました。
ありがとうございます。

刑事コロンボ作戦結構ききますよね。気を抜いたとき
質問されると本音をいってしまうケースが多いですものね(笑)

30秒プレゼンはUSPを伝える練習になります。
コミュニケーションの中でも30秒で多くのことが判ると言いますものね
Comment by 感謝好循環アキシン @ 2005/08/04 7:25 PM
訂正をお伝えしたくて、書き込みさえて頂きます。

“ドコモ以外でPCのブラウズが出来るのもあるんですか?”

の書き方間違えていました。

私が書きたかったのは、

“ドコモ以外ではPCのブラウズが出来るのですか?”

と言いたかったんです。

日本語って難しいですよね。タイピングの1字抜けで意味が全然違うんですよね。

(失礼致しました・・・)
Comment by ベンチャー社長 @ 2005/08/04 6:18 PM
ベンチャー社長さん、こんにちは。
いつもありがとうございます。

私の知能指数ではマッキンゼーは難しすぎたのか、ずっと積読で眠っていた本です。(^^;

このブログやみなさんのおかげで、何とか読む事が出来ました。

やはり、何か行動すれば変わっていくんですね。
Comment by HIDE @ 2005/08/04 12:45 PM
おはようございます。

マッキンゼーってすごいですよね。

(内緒なんですけど、就職活動でマッキンゼー受けたんです。当然落ちましたけど。英語の問題が死ぬほど難しかったのを覚えています。笑)

でも、彼らの発想法って論理的で分かりやすいですよね。

私ももっと論理的になりたいと思うのですが、なかなか・・・・

でも、刑事コロンボは得意かも(^^

マッキンゼーの本の内容を思い出せて頂いた事に
感謝してます(^^

(ポチッとクリック散歩していきます。)
Comment by ベンチャー社長 @ 2005/08/04 7:29 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ