<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< どん底からのマネー倍増計画 | main | 電車男、重松清と語る >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

*
スポンサードリンク * - * - * - * pookmark 

1分間マネジャー

今週は、「キャッチ ミー 〜」のF・アバグネイルといったずば抜けた才能を持った一個人や、パットン将軍のような組織をグイグイ引っ張っていく
カリスマ将軍をご紹介させて頂きましたが、少し視点をかえて中間管理職、いわゆるマネージャーの方々が部下や部署を動かして行く事に関しての本をご紹介させて頂きます。

この「1分間マネジャー」は1983年に和訳されましたので、今から20年以上前の本で、シリーズも何冊か出ています。(私は2冊しか読んでいませんが)

大手企業などでは研修資料として使われる事もありますので、既にご存知の方も多いと思います。


基本は単純で、3つしかありません。

  • 何を示し(1分間で目標を設定出来ること)

  • どう褒め(1分間で褒めたたえること)

  • どう叱るか(1分間で叱ること)



  • 訳者の前書きにもありますが、あの山本五十六元帥の
    「して見せて、言って聞かせて、させて見て、ほめてやらねば、人は動かぬ」
    の原則を対話形式(コーチング形式)で進めていきます。

    (厳密には、してみせての部分は仕事ではなく、マネジャーとしてのコーチングをしている姿を、となります。あくまで仕事は部下が自主的に楽しんでするようにしむけて、自分はマネジメントに撤しています)


    主人公の出会う「1分間マネジャー」の座右の銘は
    気分のよい部下は
     よい成果を生む


    と言う事で、部下が自主性を発揮して仕事を楽しむように持って行きます。


    「部下の手を借りることなしに、いったいどうして業績をあげられるかね?私は部下と業績の両方に心を配る。この二つは、ともに手を取り合ういわば車の両輪なんだよ」



    部下の問題点を明確にし、その解決方法の手助けをするだけで、部下自らが考え行動するようにもっていく、正にコーチングを行うコーチなのです。


    部下が問題を提起して来た際に、自ら解決策を見出すように持って行き、お礼を言われても
    、「私が解決したんじゃないよ君自身で解決したんだ。私はただ質問を・・・君にだって自分に投げかけられるような質問をしただけなんだ。さあ、ここを出て、自分で自分の問題を解決したまえ。自分の時間でだ。わたしの時間ではなくね」
    と、さらっといってのけます。




    第一の秘訣の目標設定は、先のコーチングから導き出した目標に関して、何をしなければならないかを初めから知っているように、250字程度の一枚の紙でお互いが持ち、


    第二の秘訣の褒め方では、身近にいて見守り、うまくやっている所をみつけ、


    第三の秘訣の叱り方でも、ミスがあった事を知るとすぐにそばに来て事実を確かめ、それを教え、人間としてではなく、問題のある行動だけを叱る。


    単純に書いてしまえば、何だ。と言われそうですが、結構奥が深いので是非一読される事をお勧めします。(変に私のつたないまとめで誤解を生むと作者に申し訳ありませんので)


    また、その後の詳細な実践方法は、続刊の「1分間マネジャー実践法」と言う本にも詳しく載っています。


    最後に、「1分間マネジャー」のもう一つの座右の銘を

    「私が費やす最良の時間は
      部下に投じる時間である」





    人気blogランキング、皆様ありがとうございます。

    先ほど確認しましたら、なんと過去最高の31位でした。

    皆様、本当にありがとうございました。

    よろしければ今日もご協力頂けますとありがたいです。m(_ _)m 人気blogランキングへ



    ↑他の本ブログを参考にされたい方も是非覗きにいって見てください。

    ありがとうございました♪

    ちなみにこんなのもあります。にほんブログ村 本ブログへ



    1分間マネジャー―何を示し、どう褒め、どう叱るか!
    1分間マネジャー―何を示し、どう褒め、どう叱るか!
    K.ブランチャード, S.ジョンソン, 小林 薫

    1分間マネジャー実践法―人を活かし成果を上げる現場学
    1分間マネジャー実践法―人を活かし成果を上げる現場学
    K.ブランチャード, R.ローバー, 小林 薫


    アクセス解析


    * このエントリーをはてなブックマークに追加Check
    HIDE * 経営・ビジネスの本 * comments(2) * trackbacks(0) * pookmark 

    スポンサーサイト

    * このエントリーをはてなブックマークに追加Check
    スポンサードリンク * - * - * - * pookmark 

    コメント

    成功おたくさん。ありがとうございます。

    私も、もっと早くにこの本を手にしていれば、と少し後悔しています。

    しかし、今はこの本を読めて良かったと思っています。

    Comment by HIDE @ 2005/08/01 1:13 AM
    こんばんは、成功おたくです。

    『1分間マネジャー』は私の原点です。
    20年間、手放せなかった本はこれだけです。
    おそらく一生手放さないと思います。
    書評、非常に参考になりました。
    久しぶりに読んでみようかなと思いました。
    それでは、また来ます。
    Comment by 成功おたく @ 2005/07/31 9:51 PM
    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ