<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< どん底からの成功法則 | main | 人生心得帖 >>

「知」のスピードが壁を破る

ミスターラガーマンと呼ぶに相応しい、ラグビー元オールジャパン監督の平尾誠二さんの著書です。

私も平尾さんとは歳も変わらず、まだ同志社大学時代の試合を見に行った事もあり、更に私自身、同じく楕円のボールに魅了された一人ですので、尊敬する方の一人です。

(よく「平尾のステップ」とか言いながら、楕円のボールを持って走っていた事を思い出します。)


〜楕円形をしたラグビーボールは、どう弾むか予測出来ない。
「あのとき、こちらに弾んだら勝てたのに・・・。」〜


どう変化するかわからない混沌としたこの時代では、従来の常識や固定観念が通用せず、瞬時の判断で、自力で考え、創造して行く事が必要であり、ラグビーやスポーツの世界から学ぶ事が出来るという所から始まっています。

本書の中に「ゲーム・ライク・プラクティス」と言う言葉が出てきます。

アメリカのプロバスケットボール(NBA)の練習方法だそうですが、練習の為の練習ではなく、実戦に即した練習と言う事で、

「実戦では何が起るかわからない。瞬時の状況判断やその対応能力を育てなければならない。野球の素振りで言えば、100本の素振りを、バットを振る筋力を鍛えると言う目的なら意味があるが、実践でのヒットを打つ事を目的とするなら、素振りの一本一本を、来るボールのイメージにあわせて振らなければ意味がない(要約)」
との事です。

仕事に関しても、与えられた仕事、こなさなければならない仕事ではなく、やはり一つ一つの事に目的意識をもってしなければ意味が無いのかもしれません。

又、全日本の監督就任3年目のキャッチフレーズが

クイック&オプション

と言う事で、出来るだけ早く判断し、高速のスピードの中で戦略、戦術を選択しなければならないからだと述べられています。

さらに、日本代表チームのキャプテンにニュージーランド人で東芝府中のマコーミックを選んだ理由の一つにその「クイック&オプション」が素晴らしいと言う事もあるそうなのですが、

その他にも

「難しい事にチャレンジするのをエンジョイした」


と言うポジティブな姿勢があったからだそうで、エピソードとして、

「対戦する外国チームの対面が大きくて強い事に、やや気後れしている選手がいた。その選手に向かっていつもの、とつとつとした日本語で

「相手、大きい。あなたより強い。でも、これ、凄いチャンス自分の力、試せる。凄いチャンス」」


と言っていたというものがあります。

このポジティブな発想は恐るべしですね。


でも、有る意味、好きな事に熱中している時にはそんな気持ちになるのかもしれません。

私も試合中に自分の倍以上もありそうな相手が突進して来た時に、恐ろしいではなく、「こいつを倒してやろう」と果敢にタックルに言った事があります。

結果は・・・その後5分くらい左手が骨折したのかと思うほど感覚がなくなり、試合中にもかかわらず使い物にならなくなってしまいましたが・・・。
冷や汗

最後に
トライ・アンド・エラーの章から。

「可能性は目に見えない。それが目に見えるようになるのは未来の事だ。つまり、可能性がある選手とは、未来がある全ての選手の事だと言える。

(中略)

トライ・アンド・エラーは可能性を探る為の一つの考え方だ。失敗をダメージと捉えれば、試して見る事すらしなくなる。失敗した事を叱るのではなく、まず試してみた事、トライした事をほめる気持ちが大切である。そしてトライ・アンド・エラーを繰り返して経験を積む事で、実戦での判断力が身についてくる」


エジソンや本田宗一郎、松下幸之助といった、いわゆる発明家、技術者と言われる方々は、たった一つの発明を生む為に幾度となく失敗し続けそれらを失敗ではなく糧とされて今日の地位を築かれています。

私も常にチャレンジスピリットを持ち続けて行きたいと思います。

今日は長くなりましたが、最後まで読んで頂けた方がございましたら、ありがとうございました。

今日も色々な気付きを再発見しました。

しあわせました。


明日は塩爺こと塩川元財務大臣の講演が聞けます。

ついてる。


人気blogランキングに登録してみました。よろしければご協力頂けますとありがたいです。m(_ _)m 人気blogランキングへ



ありがとうございました♪






「知」のスピードが壁を破る―進化しつづける組織の創造
「知」のスピードが壁を破る―進化しつづける組織の創造
平尾 誠二





アクセス解析
* このエントリーをはてなブックマークに追加Check
HIDE * 経営・ビジネスの本 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark 

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ