<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< マーフィー 欲しいだけのお金が手に入る | main | 明日、きっといいことがある >>

ウェルチ 勝者の哲学 〜創造的に破壊せよ〜

ごく普通の家庭にうまれたジャック ウエルチが、いかにして世界的な大企業GEのトップまで上り詰め、長くトップとしてその手腕を発揮出来たのかを考察した本です。

33歳で最年少のゼネラルマネージャーになり、45才にしてあの100年以上の歴史をもつ巨大企業の会長兼最高経営責任者(CEO)になり、長くGEを牽引し続けた秘訣は・・・

考えただけで身震いしました。本当に同じ人間なのかと。

今でこそ組織の若返りとかで、40代、50代の社長はめずらしくなくなりましたが、ウエルチが会長に就任したのは今から20年以上も前の事です。

GEと聞いてピンと来ない人もおられるかも知れませんが、発明王エジソンの会社といった方がわかり易いでしょうか。

日本ではGEキャピタルやGEエジソン生命の方が聞いた事があるかも知れません。

又、今年はオリンピックイヤーと言う事で、そのオリンピックの放送権を2008年まで持っているアメリカのNBCと言うテレビ局もGEの傘下企業です。


ウエルチ流経営スタイルの特徴は

1.人材に投資せよ
2.市場を支配せよ・・それが駄目なら撤退だ
3.立ち止まるなかれ
4.サービスを忘れるな
5.過去を忘れ、未来を愛せ
6.学習し、リードせよ
7.はったりは言うな
8.官僚主義をぶちのめせ
9.粘り強くあれ
10.街角の商店を営むように経営せよ


であり、彼の行動の法則は

1.自らの職務内容を誰にもわかるように表現し、それを全ての人に伝えよ
2.革命を起こせ、小細工はするな
3.常に変革せよ
4.前向きに思考せよ
5.一流の人物を腹心に持て
6.学べ、常に
7.おい、シンプルにやってくれ
8.従業員への心配りを忘れるな
9.後継者問題をなおざりにするな
10.失敗せよ


となっています。

最後の「失敗せよ」は考えさせらるものがあります。


失敗は誰もが犯す。失敗を犯した時、人は失敗を認めてそこから学ぶか、失敗に取り乱し、失敗を忘れようとするかのどちらかだ。失敗を忘れようとするものは、やがて自分が忘れられる



一度読んだ本でもこうやって見直して、ブログに書くという事で改めて自分の身になって行く気がします。感謝です。


ちなみに、これらを見ていて、改めて日産のゴーン社長がダブって見えてきたのは私だけでしょうか


人気blogランキングに登録してみました。よろしければご協力頂けますとありがたいです。m(_ _)m 人気blogランキングへ



ありがとうございました♪





ウェルチ 勝者の哲学―創造的に破壊せよ
ウェルチ 勝者の哲学―創造的に破壊せよ
スチュアート クレイナー, 金 利光, Stuart Crainer





アクセス解析
* このエントリーをはてなブックマークに追加Check
HIDE * 経営・ビジネスの本 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark 

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ