<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「ザ・コーチ 最高の自分に出会える『目標の達人ノート』」谷口貴彦・著 | main | AmazonでJBLのBluetoothヘッドホン900名にプレゼントという凄いキャンペーンが始まった!! >>

泣ける自己啓発書 喜多川泰 著:「君と会えたから・・・・・・」

喜多川 泰
ディスカヴァー・トゥエンティワン
¥ 1,469
(2006-07-10)

こんばんは。

今日の1冊はこれまたBookLive!の半額セールにて購入した本です。


こちらも単行本としては2006年の発刊ですから、ちょうど10年ほど前になるみたいです。

この10年、何故読まなかったのか不思議でなりません。

が、今は出会えたことに感謝しています。

ちなみに、この本の中にもキーアイテムとして「クマ」や「ゾウ」などの動物が出てきます。

翌年に発売された水野敬也さんの「夢をかなえるゾウ」が笑える自己啓発書なら、こちらは泣ける自己啓発書(ていうか、きっちり泣きました(笑))。

そして、後に著者の出された「上京物語」と同じく「父親」の教えという点では同じですが、こちらは主人公が17歳の進路に悩む高校生。

青春時代、様々な葛藤、大人と子供のはざまでゆれる多感な時期。

そして、彼の先生役となるのは、ある日出会った1人の美しい少女。



それは17歳のあの夏の日にはじまった・・・
本書の帯に記載されているのは

もし、「明日」が無限にあるわけではないとしても

今と同じような今日を生きますか?

・・・感動のストーリーとともにおくる人生を変える7つの教え・・・


となっています。


どの自己啓発書にも「夢のリスト」や「やりたいことリスト」をつくりなさいということが書かれています。

でも、本書ではもう一つ「他の人にやってあげたいことリスト」を作ることから始まります。


その2つのリストは表裏一体。

例えば、「世界中でヒットする賞品を発明をして特許をとる」という彼の自分の願望に対して、彼女はこう言います。

「洗濯機は、ある人が妻の負担を少しでも軽減したいと思ったところから生まれたらしいの。そこから世の中の女性の家事を少しでも楽にしようという強い情熱のもとに研究開発が繰り返されて誕生したんですって。『世界中でヒットした賞品』よね、洗濯機も」
と。

また、
本当に目標にしていかなきゃいけないのは、二枚目に書いた、自分が他の人に何ができるかのほうなの。一日一日を大切にして、今日というこの一日も、二枚目に書いたことを一つでも多く実現しようと努力しなくちゃいけないの

とも。


そして、主人公はその次に

「お金を儲けるとうことは〈ありがとう〉を集めるということだ」

「僕の将来の目標が、『たくさん儲けること』から『たくさんありがとうを言ってもらえる人になること』に変わった日だった。

ということにも気づいて行きます。


そして、彼女の父親から教わったという「成功するための知恵」の講義が進むにつれ、ますます彼女への恋心も日増しに大きくなっていく主人公のヨウスケ。でも彼女には「大切なあの人」の存在が・・・


果たして彼の恋は実るのでしょうか・・・。



気になる方は是非読んでみてください。

気にならなくても読んでみてください(笑)おすすめです。

「上京物語」もよかったですが、こちらのほうがわかりやすく、すっと入ってくると思います。



ちなみに今ならまだ半額セール中です。(5月26日まで1,123円が561円です。紙の書籍は1,468円です)

★BookLive! ⇒ 君と会えたから…… 作者名 :喜多川泰


★Amazon ⇒ 君と会えたから・・・



今日もありがとうございました。


その他のすばらしい本ブログ⇒

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ






ブログパーツ
* このエントリーをはてなブックマークに追加Check
HIDE * 泣ける本 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark 

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ