<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ディスカヴァー・トゥエンティワンの人気作品30冊が4月26日9:59まで半額セール中!! | main | 五郎丸選手もオススメ!自分の小さな「箱」から脱出する方法 >>

映画「世界から猫が消えたなら」公開記念、原作小説ほか川村元気の人気作品が30%OFF!

こんばんは。

いよいよゴールデンウイークも終わり、残り少なくなった5月が明日から慌ただしく動き始めますよね。

4月から新入学や進学、新社会人などで環境の変化があった方も、少しこの連休でリフレッシュできたのか、はたまたダラケてしまっていわゆる5月病になってしまうのか。

そんな5月の初旬。

こういう時期だからこそ「今を生きる」ということの大切さも気づいて欲しい。

そんな思いがあるのか無いのか、今週末の5月14日(土)から川村元気さん原作、佐藤健さん主演で公開される映画「世界から猫が消えたなら」、通称「せかねこ」。

原作本は2013年の本屋大賞にノミネート(賞はとっていません。ちなみに当時の大賞作品は百田尚樹さんの「海賊とよばれた男」でした)され、120万部突破のベストセラー。


(ここから先は若干ネタバレ含みます)
あらすじとしては、

郵便配達員として働く三十歳の僕。ちょっと映画オタク。猫とふたり暮らし。そんな僕がある日突然、脳腫瘍で余命わずかであることを宣告される。絶望的な気分で家に帰ってくると、自分とまったく同じ姿をした男が待っていた。
その男は自分が悪魔だと言い、「この世界から何かを消す。その代わりにあなたは一日だけ命を得る」という奇妙な取引を持ちかけてきた。僕は生きるために、消すことを決めた。電話、映画、時計…僕の命と引き換えに、世界からモノが消えていく。僕と猫と陽気な悪魔の七日間が始まった。(Bookデータベースより)


というもの。


ある青年が突然死の宣告を受ける。そこに悪魔が現れて延命できる方法を教えてくれる。

マンガ「鋼の錬金術師」でもおなじみの「何かを得るためには、何かを失わなければならない」というこの世界の等価交換のルールにもとづいて。

ただ、この悪魔のノリが軽すぎ(笑)

どちらかと言えばライトノベルっぽい感じで、本屋大賞ノミネートだの120万部突破だのという言葉につられて読み始めると、期待値が高すぎて驚かれるかもしれません。

それもそのはず。作者の川村元気さんは、元々は「電車男」や「デトロイト・メタル・シティ」、「告白」などを手がけた映画プロデューサーで、小説はこれが初めてとのこと。ただ、その分映画は凄くよく出来ているみたいで号泣必死だとか。



「世界から猫が消えたなら」予告2


たぶん、後半のお母さんからの手紙のあたりで皆さん号泣されたのではないかと思います。


生きることと死ぬということ。

家族や恋人、友人との絆。


愛することとは?愛されることとは?


「失って初めて気づく、本当に大切なもの」


そんなテーマの小説、映画です。



ちなみに、著者の川村さんがこの小説を書くきっかけとなったのは、ご自身が携帯電話を無くされたことから始まったそうです。

ある日、携帯電話を落としてしまって(無くしてしまって)、その後に電車に乗っていた時、普段なら携帯の画面を見ているのにその日は仕方がないから電車の窓から外を見ていたら巨大な虹がかかっていた。そして感動しつつも、ふと車内を見渡せば乗客みんなが携帯(スマホ)の画面を見ていて虹に気づいていない。

その時、携帯が無くなることによって自分はこの虹に出会えたんだと思い、やっぱり「何かを得るためには何かを失わなければならないんだ」という事に気づいたというのがこの物語を書くきっかけになったそうです。

この話はオーディオブックの方に特典としてついている川村元気さんと小野大輔さんの特別対談音声の中で川村さんが語っておられました。


「世界から猫が消えたなら」は、映画プロデューサーらしく、最初は軽いノリで掴んでおいて徐々にクライマックスに持っていく、そして会話も一癖も二癖もありつつ・・・という感じで進んで行きますが・・・とりあえず、キャベツがかわいいでござる!!(笑)



気になる方は映画の前に原作本やオーディオブックでどうぞ。


原作本の電子書籍版は6月6日まで30%オフの税込468円になっています。

BookLive!ならクーポンガチャでさらに安くなるかもしれません。

(下記はBookLive!へのリンクです)

映画「世界から猫が消えたなら」5月14日(土)公開記念




こちらは私も持っているFeBeのオーディオブックです。声優陣は


朗読&僕&アロハ役 小野大輔
母役       氷上恭子
父役       ふくまつ進紗
元彼女役     松浦チエ
キャベツ役    高野麻里佳
ツタヤ役     坂巻学

となっています。






今日もありがとうございました。


その他のすばらしい本ブログ⇒

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ





ブログパーツ
* このエントリーをはてなブックマークに追加Check
HIDE * 泣ける本 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark 

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ