<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【BookLive!5周年特別企画】マンガ・書籍合わせて5,555作品以上がいまだけ半額!! | main | 「夢をかなえるゾウ」シリーズなどの成功法則本50冊以上が明日3月3日まで半額!! >>

とにかく書け!!作家「森博嗣」先生の著書「小説家という職業」「作家の収支」が面白いのに安くなっている。

こんにちは。

以前に読んで面白く、そのうち書こう書こうと思っていたのが森博嗣先生の「作家の収支」。

その「作家の収支」が丁度楽天Koboの「冬のハッピーセール」ということで70%OFFの234円になっています。

こちらは2月25日(木)9:59までです。


そして本日のKindle日替わりセールで62%ほど安く299円になっているのが「小説家という職業」です。


森博嗣先生といえば「すべてがFになる」や「スカイ・クロラ」という「小説」が有名です。


ところが、実は私は森先生の本は今回紹介している「作家の収支」と「小説家という職業」という「小説」ではない2冊しか読んだことがありません(笑)


そもそも「森博嗣(もりひろし)」をずっと「もり ひろつぐ」だと最近まで思っていました。(^^;)



で、元々はバイト代が欲しくて作家になったという職業作家の森先生の2冊から教えられたことは、「とにかく書け」。

そのうち書こうとメモしていた「作家の収支」から引用すれば、

デビュー作の「F」が20年にわたってコンスタントに売れているのは、この作品が特に面白いからというわけではなく、森博嗣が次々に本を出したからだ。

新しい作品を常に世に送り出していれば、いつも新作が書店にあるし、広告などに名前も登場する。

そして、どうせなら1作目から読もうという人も出てくる。新作を読んでみたが、今一つよくわからない、ならばよく聞く題名のものをもう1作読んでみるか、と思うかもしれない。

1作手にとって読んでみてつまらなくても、その話を誰かにしたときに、あれなら面白いかも、と紹介されることもあるだろう。

1作出して、それが売れるまで放っておくというマーケッティングではまず成功しない。やはり、常に新作を出すことが作家の仕事の基本といって良いだろう。


そして、「小説家という職業」の方にも書かれているのが
作家としてはどうすれば良いだろうか?

簡単だ。沢山売れること、ベストセラになることを狙わず、地道に作品を発表する。これだけである。

10万部売れる本を作ることは非常に難しい。しかし、1万部売れる本を10冊出すことなら、それよりは容易だ。

5000部売れる作品を20作描くことなら、さらにずっとやりやすい。結局、大きなものを狙わず、真面目に自分の仕事をすれば良い。

そうしていれば、なにかのチャンスが巡ってくることもあるだろう。そして、作品の数が多いほど、そのチャンスは増えるのである。

(中)

確実なのは、こういったチャンスも、作品を書かなければ訪れない、ということだ。



理系出身で合理的に物事を捉えて客観視されている森先生ならではですが、このことはブロガーやアフィリエイターと呼ばれる方も日々言われていることですし、トップビジネスマンの方、アスリートの方々も同じ。

四の五の言わずにとりあえず動け!と。


どちらも新書でサクッと読めますのでおすすめです。(何せバイト感覚で始めた作家で、ミリオンセラもなく20年で15億円以上も稼いだという森先生から学べることは多いです。)

(注:バイト感覚とは言いながらそこは「仕事」として戦略的に書かれていることも付け加えておきます。あと、「ベストセラ」「ミリオンセラ」と語尾に「ー」を付けていないのは森先生の言葉のまま書いたからです。カタカナ語の語尾を伸ばさないのが特徴みたいですね。)




本日(2月23日)なら2冊購入してもたったの533円です。

(Amazonと楽天の別々ではありますが)


今日もありがとうございました。


B00J8DTRW2
小説家という職業 (集英社新書)




※追記:作家の収支がkindleの月替りセール・3月に選ばれて3月は299円になっています。


その他のすばらしい本ブログ⇒

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ




ブログパーツ








* このエントリーをはてなブックマークに追加Check
HIDE * - * comments(1) * trackbacks(0) * pookmark 

コメント

こんにちは。
スペースお借り致します。

お友達がたくさん出来て、投稿に参加する度ごとに直筆のカード式のファンレターが3〜30枚以上届く文芸サークル(投稿雑誌)をやっています。
ネットでのやりとりも楽しいですが、ぬくもりが伝わるアナログでの活動は温かい気持ちになり、楽しさや幸せをより感じられます。
イラスト・詩・漫画・小説・エッセイなどジャンルを問わず何でも掲載しています。
月刊で150ページくらい。全国に約180人の会員さんがいます。
あなたがブログで発表している作品を雑誌に掲載してみませんか?
東京都内で集会も行っています。お友達や創作仲間作りにご活用下さい。

興味を持たれた方には、現在雑誌代と送料とも無料で最新号をプレゼントしています。
よろしかったらホームページだけでもご覧になって下さい。
ホームページにある申込フォームから簡単に最新号をご請求出来ます。
http://www2.tbb.t-com.ne.jp/hapine/

これからもブログの運営頑張って下さい。
失礼致しました。
Comment by つねさん @ 2016/03/03 9:41 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ