<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 攻めるAmazon老いる中年をKindleに走らす?秋の読書週間は明日10月27日から。 | main | 第153回芥川賞受賞作の『火花』・『スクラップ・アンド・ビルド』がオーディオブック化。朗読は堤真一さん他 >>

本日の日替わりセールは『まんがで身につく ランチェスター戦略』


まんがで身につく ランチェスター戦略 (Business ComicSeries)

こんにちは。

本日のAmazon Kindle 日替わり本は、以前ご紹介した『まんがで身につく 孫子の兵法』 と同じ『まんがで身につく』シリーズから『まんがで身につく ランチェスター戦略』です。

もともとはイギリスのフレデリック・ランチェスターが発表した戦争の理論だった『ランチェスターの法則』をビジネス向けに競争戦略理論として確率されたものが販売戦略のバイブルとしての『ランチェスター戦略』です。


日本ではコンサルタントの故田岡信夫先生が、これを研究し販売競争に勝つための理論と実務として体系化したものを指すみたいですね。そのモデル著書『ランチェスター販売戦略』の発売が1972年ですから、正に日本の高度成長期を支えた戦略だといえますよね。

弱者が強者に勝つための戦略で、有名なのは『一点集中主義(一点突破主義)』…差別化戦略だと思います。
そんな『ランチェスター戦略』を本作では経営コンサルタントではなく、『探偵』が謎解きをして事件を解決するかのごとく顧客(依頼者)の問題点を論理的に解決していくというマンガ。

それでも、ランチェスター戦略を説明するためにマンガで架空の物語を解説しているのではなく、本書に出てくる7つの事例は全て実話を元に構成されています。

この実話がベースと言う所が今回購入した理由の一つでもあるのですが、どうしてもマンガになると「そんなバカな」とか「そんなに上手く行ったら苦労しねぇよ」と思ってしまうもの。

高度成長期にランチェスター戦略を引っさげ世界で戦った日本の企業。トヨタにパナソニックに日本生命に武田薬品、アシックスなどなど。ベンチャーからビッグネームになっていったソフトバンク、HIS、フォーバルなど。

それでも使い古された手法で今では当たり前過ぎて通用しないのでは?と思ってしまうのも事実。

それでも手法がマンガというだけで、さらっと書かれてはいるものの、実際にこうして成功していった人々がいるということから、今でも充分に通用する戦略であり、かつ、知らなければ対抗策も講じられないのも事実ですよね。『敵を知り〜』の敵がどんな戦略で来ているのかが分からなければ、戦う前から負けてしまいますよね。

ということで、初心者向けの入門書ではありますが、やっぱり文字で読むよりマンガというビジュアルで読んだ(見た)方が頭に残りますよね。


今日もありがとうございました。

本日限りの日替わりセール599円⇒まんがで身につく ランチェスター戦略 (Business ComicSeries)




その他のすばらしい本ブログ⇒

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

ブログパーツ

* このエントリーをはてなブックマークに追加Check
HIDE * 経営・ビジネスの本 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark 

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ