<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< AmazonのKindleストアが3周年記念セールを開催中。 | main | 本日の日替わりセールは『まんがで身につく ランチェスター戦略』 >>

攻めるAmazon老いる中年をKindleに走らす?秋の読書週間は明日10月27日から。

こんにちは。

馬肥ゆる秋。秋といえば読書の秋ということで、明日10月27日〜11月9日までの2週間にわたって『秋の読書週間』が始まりますよね。

そういえば読書週間ってそもそも何だ?と思って調べてみました。

公益社団法人読書推進運動協議会という所がありまして、そこに

終戦まもない1947年(昭和22)年、まだ戦火の傷痕が至るところに残っているなかで「読書の力によって、平和な文化国家を作ろう」という決意のもと、出版社・取次会社・書店と公共図書館、そして新聞・放送のマスコミ機関も加わって、11月17日から、第1回『読書週間』が開催されました。 

そのときの反響はすばらしく、翌年の第2回からは期間も10月27日〜11月9日(文化の日を中心にした2週間)と定められ、この運動は全国に拡がっていきました。

 そして『読書週間』は、日本の国民的行事として定着し、日本は世界有数の「本を読む国民の国」になりました。
 いま、電子メディアの発達によって、世界の情報伝達の流れは、大きく変容しようとしています。しかし、その使い手が人間であるかぎり、その本体の人間性を育て、かたちづくるのに、「本」が重要な役割を果たすことはかわりありません。

暮らしのスタイルに、人生設計のなかに、新しい感覚での「本とのつきあい方」をとりいれていきませんか。

 『読書週間』が始まる10月27日が、「文字・活字文化の日」に制定されました。よりいっそうの盛りあがりを、期待いたします。
とありました。

なるほど、読書週間の初日は「文字・活字文化の日」というのか。知らなかった(汗;)
ちなみに『こどもの読書週間』というのも別にあって、こちらは4月23日の世界本の日・子ども読書の日から5月12日までの2週間だそうです。


そんな読書週間を前に、ネット書籍通販大手のAmazon.co.jpで、何と電子書籍リーダー『Kindle(キンドル)』シリーズのシニア向け企画ページを作成されていました。

こんなやつ

『シニア向けKindle紹介ページ』


キャッチコピーは
老眼でツラかった読書が、また楽しめるように!」


ということで老眼で文字が読めなくなってきた40代以上の方にこそ電子書籍はふさわしいという内容の特集ページで、カスタマーレビューやNHKニュースの記事、日経新聞の記事の紹介の他に、眼科医の先生方による電子書籍の有効性などが語られたりもしています。

又、ページ内で『30日間全額返金キャンペーン』や『24時間365日の安心サポート』をうたって安心感を与えたり。

少子高齢化の影響からか、人口の半分近くが40歳以上ともいわれている、ある意味莫大なマーケット。

まぁ現役トップアイドルのSMAPですら香取慎吾を除けば全員40代になっていますからね。

さらに言えば嵐でさえも既に全員30代という時代ですから。でも、今や兼業農家アイドルとも言われるTOKIOの城島リーダー(来月45歳)なら老眼鏡かけていても違和感なさそうで、逆に老眼鏡のCMしても良いんじゃないかとさえ思えるアイドルも城島くんの人柄ならではと思うのは私だけでしょうか。(笑)


幸いにも私の場合はおかげさまでというか未だにメガネも老眼鏡も必要としていませんが、同級生たちの何人かは既に老眼鏡がないと見えにくくなってきたと言い始めていて「えぇぇ〜」と驚いている今日このごろ。まぁアラフォーで始めたこのブログも気づけばアラフィフになってしまいましたから仕方がないのかもしれませんが。(笑)


そんなシニア層(自分では全くシニア層という意識はありませんが)に便利なのはやはり『キンドルペーパーホワイト』などの目に優しい専用電子書籍リーダーだったり、老眼鏡などで文字の大きさを調節するのではなく、ピンチインやピンチアウトなどの指の操作だけで文字の大きさを自由にリーダー側で変えられる所でしょう。

また、分からない文字や言葉があった場合でも更に細かい字で書かれた辞書を引っ張り出してこなくても、その場で検索できるところなど。


さらに言えば、その場で欲しい本が購入出来たりすることでしょうか。

懐かしい本や好きだった本を探すのも一苦労。読書好きなシニア層ならば、書籍の数も数百冊や数千冊はあるでしょうから、本棚や押し入れの中、倉庫や書庫から探すだけでも一苦労。


そういう意味でも電子書籍は本当に便利です。

ただ、電子書籍も増えてくると探すのに結構手間が掛かったりもしますが(本棚代わりの購入先書店別のリーダーアプリが複数あるため。笑)




最近のAmazonはいろいろと仕掛けてくるなと感心してしまいます。(日本だけなのかどうかは知りませんが)

こういった企画もそうですが、最初に凄いと思ったのは電子書籍Kindle本の日替わりセールですね。

あれは毎日チェックさせられるし、購入者が増えればランキングに上位表示される。

そして翌日には定価に戻った書籍がさらにランキングや評価を新たに見た人が定価で購入するという好循環モデル。


ベゾスがアメリカの長者番付でとうとう3位になって上にはビル・ゲイツとウォーレン・バフェットしかいなくなったというのをここ2〜3日位前に目にしましたが、乱立するネット書店から何十歩も飛び抜けたAmazonはやはり凄いとしか言えません。



ちなみにキンドルストアの3周年記念セールは今週木曜日・29日までです。

『Kindleストア3周年記念セール 人気タイトル50%OFF以上』


かれこれリーダー内に10数冊以上はたまってると思われる読みかけの本を一気に読んでしまうことにしましょうか。(^_^;)


今日もありがとうございました。



その他のすばらしい本ブログ⇒

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

ブログパーツ
* このエントリーをはてなブックマークに追加Check
HIDE * 徒然なるままに * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark 

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ