<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 高齢化社会は人間だけではなかった!Amazonが「シニア犬・猫ストア」を新設。 | main | 7インチの最新Fireタブレットが4,980円なんてAmazonすごいな。でも注意点があります。 >>

Amazon Kindleストアでアルクの人気英会話教本が50%OFFセール中!!

JUGEMテーマ:日記・一般


こんにちは。あいかわらず、こっそりひっそり英語の勉強は続けているHIDEです。

以前、[音声DL付]TOEIC(R)テスト いきなり600点!がkindleの日替わりセールにあったので購入していた関係で、出版元のアルクさんからメールが来ていて知ったのですが、現在Amazon Kindleでの100タイトル突破記念セールというのを開催されていて、人気の英会話系の本(電子書籍版)が半額セール中です。



【50%OFF】アルク Kindle100タイトル突破記念セール!
現在1位になっていたのが「[音声DL付]英会話なるほど練習帳(上) 」という本で、『英会話なるほどフレーズ100』の著者、スティーブ・ソレイシィさんの英会話フレーズの練習本です。


中身は『英会話なるほどフレーズ100』の中から「50のフレーズを500通りにいかして、英会話をペラペラに話しましょう。」ということで、50フレーズごとに上下巻にわけられています。


基本的に日常会話で使うフレーズが厳選されていますので、教科書で習ったような古臭いお堅い英語ではなく、あくまで会話で使われる英語のフレーズ。赤ちゃんや子供にもわかるような単語、俗に言うキッズ英語がメインの教材です。


「日本人は英語になると器用貧乏だ。不思議な事に、ネイティブよりいろいろな英語の知識(発音記号、発音アクセントの位置、「過去分詞」などの動詞変化の名前、catch a coldなどのイディオムなど)を知っているが、ベーシックな会話能力がない。これはスゴクかわいそうなことだ。

まるで大工さんが1万個の細かい道具をそろえたけれど、道具が重たくて建築現場までたどり着くことができないのと同じだ。たとえ、うまく建築現場にたどりつくことが出来たとしても、道具箱からいったいどれをとりだして、どれを使えばいいのかわからないほど道具が雑然としまわれている。(『英会話なるほどフレーズ100』はじめにより)



『英会話なるほどフレーズ100』の方はかなり前に書籍版を読んだことがありますが、中身をほとんど忘れていますね(;・∀・)


そしてこの練習帳の方も書籍版は2001年に発行されていますから、定番中の定番教材。


電子書籍ですのでCDが付属するのではなく音声データをダウンロードする形式です。


因みにkindle版の価格は今回のセールで500円になっていますが、書籍版はもともと1512円(本体価格1400円)しますので、実質3分の1の価格になります。

この機会に『英会話なるほどフレーズ100』と『英会話なるほど練習帳(上)(下)』と3冊セットで買ってもほぼ1冊分と変わらないお値段です。しかもポイント付きで更にお得!!
(結局3冊とも購入してしまいました。 ^^;)


この手の勉強本は意外と持ち歩くのが恥ずかしかったりしますので、がっつり自宅で書き込みながら勉強したいと思う参考書などの本はともかく、手軽に毎日勉強したい方には電子書籍と音声っていうのは一番理にかなっている気もします。

通勤通学時のスキマ時間で差をつける!!


このシルバーウィーク期間中に、こっそりひっそり英会話の勉強をしたい人も是非♪



ちなみにセールは2015年9月27日(日)までです。
(英会話なるほど練習帳は月替りセール品でもあるので今月一杯は500円です)



[音声DL付]英会話なるほど練習帳(上) スティーブ・ソレイシィ シリーズ


[音声DL付]英会話なるほどフレーズ100 スティーブ・ソレイシィ シリーズ



【50%OFF】アルク Kindle100タイトル突破記念セール!




今日もありがとうございました。



半額セールに間に合わなかった方は、新規登録で半額クーポンのもらえるBook Live!さんでどうぞ。

Book Live!




その他のすばらしい本ブログ⇒

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ





ブログパーツ
* このエントリーをはてなブックマークに追加Check
HIDE * 資格・英会話 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark 

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ