<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ペルセウス座流星群が見られるのは今晩、8月12日から14日までです。 | main | 夏だ!!ボンジョビアガーデン、一夜限りで渋谷にオープン! #ボンジョビアガーデン >>

ニーバーの祈り

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


こんにちは。

昨夜は天候が良くなかったので、結局流れ星を見ること無く寝てしまいましたが、ご覧になられた方はおられましたでしょうか。



さて、Amazonのkindle(キンドル)では『無料マンガ雑誌』を書店に新刊が並ぶタイミングで、その前号を無料配信されていることはご存知だと思いますが、そのマンガ雑誌の中に「グランド ジャンプ」がありまして、さらにその中で連載されているマンガに「バーテンダー」というマンガがあります。
まさにタイトル通り、バーでカクテルなどを作るあのバーテンダーさんの物語で、毎回そのときのお客様に相応しいと思われるカクテルと逸話などが紹介されるちょっぴりおしゃれなマンガです。


バーテンダーのマンガと言えば私の場合は古谷三敏さんの「BAR レモン・ハート」が思い出されますが、オシャレ度というかイケメン度では圧倒的にこちらの勝ちです(笑)

私が実際にバーでアルバイトをしていた時には「レモン・ハート」がバイブルでしたが(笑)


そんな「バーテンダー」。東京編とパリの修行時代を描いたパリ編の2種類が掲載されているのですが、今週号(正確には前週号・隔週)のパリ編の方でタイトルの「ニーバーの祈り」というのが掲載されていました。


アメリカの神学者ラインホルド・ニーバーが作者であるとされる言葉で、「平静の祈り」、「静穏の祈り」とも訳されているそうです。


私はキリスト教ではないのでこの言葉は知りませんでしたが(幼稚園と高校はミッション系の学校だったので、もしかしたら聞いたことがあったかもしれませんが、当時は右から左ですから(笑))、ちょっと心に残ったのでご紹介。

神よ 与えて下さい

変えられぬ事を受け入れる冷静さを

変えられる事を変える勇気を

そして このふたつを見分ける知恵を


良く言われるのは、


変えられないのが他人

変えられるのは自分だけ。



最近は他人に腹がたっても、一呼吸置いて愚痴を言っても損するだけ、

自分が変わろう、見方を変えようと思っていました。



又、言い訳だらけで逃げていた自分も嫌だったために、色々と変わろうとしている昨今。


最近は5時とか6時から仕事をしだしたりしていて、若干睡眠不足で逆に昼間に事故しそうで危ないため、ちょっと極端な事は控えようかとも思っていますが、一度しかない人生。


そろそろ本気でCHANGE&CHALLENGEしていこうと思っています。



今日もありがとうございました。



その他のすばらしい本ブログ⇒

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


追記:ちょっとなつかしくて「レモン・ハート」とか調べていたら、作者の古谷三敏さんのお孫さんが鶏和酢 里紅(トリアエズ リク)としてドラム兼スタッフでかつて「ゴールデン・ボンバー」にも所属していたとかwikiに書いてあってびっくりしました(笑)



ブログパーツ
* このエントリーをはてなブックマークに追加Check
HIDE * マンガ * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark 

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ