<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ノートパソコン用のPCクーラー(冷却台)にそれ以外の用途にも便利そうな機能のついたBESTEKのノートパソコン冷却台を買ってみた。 | main | 軽自動車を買うなら3月までに登録された新古車がお得!? >>

DIME (ダイム) 2015年 07月号は特別付録にBEAMSコラボ オリジナル万年筆付き!!

JUGEMテーマ:日記・一般

B00XMM5RNI

DIME (ダイム) 2015年 7月号 [雑誌]


こんにちは。小学館が発行している人気トレンド情報雑誌の『DIME(ダイム)』

かれこれ創刊30年になるというロングヒットの人気雑誌。


今ではたまにしか購入しなくなってはいますが、私も以前は定期購読もしていたどちらかと言えば愛読している雑誌。

その『DIME』にまれに特別付録が付くことがあるのですが、昨日(5月16日)発売の最新7月号の付録には、あの人気セレクトショップの『BEAMS(ビームス)』とコラボした特製万年筆が付いてきます。
通常販売のDIMEは大体600円程で、今回は特別定価780円。

何と付録のBEAMSコラボのオリジナル万年筆の値段は180円!?

で、実際の写真がこちら。




本体を保護していたビニールの袋を外してもう一度置き直した写真が2枚目です。

鮮やかなオレンジとBEAMSのロゴ。インクカートリッジは2本も付属でお得。


その万年筆に連動した企画で『万年筆で書く「お礼状」大人の流儀』というコーナーがありまして、その中で元『週間プレイボーイ』編集長で作家の島地勝彦さんのインタビュー記事のその見出しに

「40歳過ぎて万年筆を使ってないヤツは子供だな」

なんて書いてある。

ええ。私もむか〜しに戴き物では持ってましたが、今は全く使っていないお子様です。(笑)


なぜかというと、書きにくかったし、インクが漏れるしで使いにくかったから。

それに、普段は使いやすい『PLATINUM]』のボールペンを愛用していて、インクだけ補充して使い続けているっていうのもあります。

そして何より、いいものだとそのお値段も結構イイモノになってしまうから。


それでも、特集記事の中にここ数年万年筆市場は輸入・輸出ともにほぼ右肩上がりに伸びていると書いてありました。(グラフでは特に平成25年、26年が伸びていました)

メールやワープロソフト等による印字ものが溢れる中、手描きが見直されているのと、アベノミクスの恩恵などもあるのでしょうか。


因みに、万年筆と聞いて思い出したのが沢尻エリカさんと伊勢谷友介さんの出演されていた映画『クローズド・ノート』

沢尻エリカさんがアルバイトをしている万年筆屋さんにイラストレ−ター役の伊勢谷友介さんが絵を書くのに最適な万年筆を探し求めてやって来て、色んな万年筆をあぁでもないこうでもないと、次々と試し書きしているその伊勢谷さんの姿が凄く印象に残っています。


話はそれましたが、久し振りに触った万年筆。安い割に意外と書きやすく、何よりちょっぴりブルーなインクの色が何とも新鮮で、あら、いいんじゃないの。と言う感じ。

人気女優「広瀬すず」さんの万年筆での自筆応援メッセージプレゼントがあったり、『火花』でも話題になったお笑いコンビ「ピース」の又吉さんの新連載「又吉の幸せ製作所」も丁度今号から開始されましたし、興味があればお早めにお買い求め下さい。

数量限定で、すでにAmazonさんでは売り切れになっています。

お近くの書店もしくは楽天ブックスさんなどでお求め下さい。


※楽天ブックスさんはまだ在庫ありました⇒【楽天ブックスならいつでも送料無料】DIME (ダイム) 2015年 07月号 [雑誌]


※5月21日追記:楽天ブックスさんも売り切れになっていました。雑誌専門店のFujisan.co.jpさんではまだ在庫あるみたいです。⇒DIME (ダイム) 2015年 07月号


fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ

(※5月22日現在、売り切れになっていました)


今日もありがとうございました。


その他のすばらしい本ブログ⇒

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

ブログパーツ
* このエントリーをはてなブックマークに追加Check
HIDE * 今日の1冊 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark 

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ