<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ぼくを探しに・・・THE MISSING PIECE | main | つるかめ助産院 >>

Wiiの間で魂を揺さぶられる〜THE SPEECHー言葉の力ー

任天堂の人気TVゲーム「スーパーマリオブラザーズ」が今年25周年を迎えると言う事で、スーパーマリオブラザーズの25周年記念バージョンが内蔵された限定版の赤いwiiが先月11月11日に発売されました。

限定モノ好きな私は、マリオの懐かしさもあって当然のごとくこれを購入(^^;


今回が初wiiだったのですが、このwiiというマシン。単なるゲーム専用の機械というだけでなく、ご存知の通りインターネットに接続してショッピングをしたり、オリジナルコンテンツを楽しんだり、ネットサーフィンをしたり、YouTubeを見たりと様々な使い方が出来るのも特徴のひとつです。


そんなWiiのオリジナルコンテンツの中にwiiの間と言うものがあって、Miiという立体アバター(自分の分身のようなもの)を使っていわゆるバーチャルな自分の部屋を再現しているコンテンツがあります。

そして、その部屋(リビング)に設置されたTVの中で放送されるテレビの番組のひとつに「THE SPEECHー言葉の力ー」という無料番組があります。


ここでは、
多くの人の心を動かしたスピーチ、人類の歴史に残る 名スピーチ。貴重なスピーチの映像をじっくりと見るための番組。


ということで、かつて私が涙した事もある、あのキング牧師の伝説のスピーチ「I Have A Dream」やマザーテレサ、ジョン・F・ケネディのスピーチなどがあるのですが、その中につい最近見聞きした見覚えのある名前がありました。


2年ほど前に「でんきを消してスローな夜を〜1000000人のキャンドルナイト2008夏至」という日記の中で今夜読む本として紹介したあのランディ・パウシュ教授です。


カーネギーメロン大学の教授にして、同大学の人気特別講義シリーズ「最後の授業」という、「もし死ぬ事が分かっていたら」という仮定のもとに教授らが教鞭をとる授業があるのですが、この講義を自身が本当に末期がんで余命3ヶ月の宣告を受けた後に行われ、本当の意味での「最後の授業」。

自分の愛する妻や子供たちのために行ったと言われるこの「最後の授業」はYouTubeで火がつき書籍化までされ、その模様はDVDとして付属もしています。


当然このDVDも見ましたし、このWiiの間でもその「最後の授業」だろうな・・・と思っていたら、何とその後に母校の卒業式で生徒たちに贈ったメッセージスピーチの模様でした。


情熱をもって、悔いの無い人生を送ってくださいとの教授からの最後のメッセージ。


YouTubeにもありましたので、よければぜひご覧下さい。


ありがとうございました。





最後の授業 ぼくの命があるうちに DVD付き版
最後の授業 ぼくの命があるうちに DVD付き版ランディ パウシュ ジェフリー ザスロー 矢羽野 薫 武田ランダムハウスジャパン 2008-06-19売り上げランキング : 9911Amazonで詳しく見る by G-Tools




★Wii25周年限定 本体★(定価は他のWiiと同じ2万円ですのでクリスマス前でボッタクリ業者にだまされないで下さい!!



その他のすばらしい本ブログ⇒

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ



↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!

素晴らしい すごい とても良い 良い



JUGEMテーマ:日記・一般
アクセス解析
* このエントリーをはてなブックマークに追加Check
HIDE * 偉人伝 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark 

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ