<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 先週読んでいた本 | main | でんきを消してスローな夜を〜1000000人のキャンドルナイト2008夏至 >>

34丁目の奇跡とゴールデンウィーク

ヴァレンタイン デイヴィス
あすなろ書房
¥ 1,260
(2002-11)
Amazonランキング: 140480位
Amazonおすすめ度:
読んでよかった! 
映画版と負けず劣らず良いですね。
出会えて良かった!!
JUGEMテーマ:映画


ゴールデンウィーク=黄金週間は、もともとは映画会社が作った言葉。戦後復興・高度成長期の日本での主な娯楽の代表が映画。そんな中、正月並の興行収入があったのがこの5月最初の大型連休。(昔は飛び石連休でしたが。ちなみに、ニュースや新聞ではゴールデンウィークとは表現せずに、大型連休と表現するそうです。特定の業界用語の為だとか)

そんなこんなで読書と併せて映画もまとめて観てみようと昨日レンタル屋へ。真夏日ともいわれる28〜30度にもなる気温を和らげるがごとく、季節はずれな映画をレンタル。
それが表題の「34丁目の奇跡」。

小説を読んでから映画をみたのですが、この本は原作本と言うよりも、同時進行で作成された小説。元々は映画用にアイデアが採用され脚本ができ、同時進行で小説も出版しようと制作されたもの。

原作映画は第二次世界大戦直後のアメリカで、1947年。日本でゴールデンウィークと言う言葉が使われたのが1951年と言われていますので、ほぼ同じ頃です。

アカデミー賞3部門を受賞したこの映画。今回私が観たのは1994年にリメイクされたものですので、初期の内容は知りませんが、この映画と小説とでは若干ストーリーが異なります。

小説は読ませる為に物語の背景や情景が細かく語られ、映画ではメリハリとエンターテイメント性に富ませるため悪役をはっきりと作ってあります。

違った点でおぉ、と思ったのが、サンタのクリスが子供たちと話すシーンで、小説ではオランダから養子にもらわれた子供で英語が話せないと言う子供に対してクリスがオランダ語で話したり、一緒に歌を歌うという場面がありますが、映画では耳の不自由な子という設定になっていて、手話で会話したり歌を歌っていたシーンです。これは映画ならではだと思いました。(結構重要なシーンなので、ネタバレになっていたらすいません)


この物語では、自分の事をサンタクロースだと信じている老人、クリス・クリングルと、そのクリスを偶然サンタ役に雇ったデパートの部長で、サンタクロースなんて信じないシングルマザーのドリスとその娘スーザン、ドリスに思いを寄せる若手弁護士のフレッドらとのふれあいを通して「夢をみること」の大切さを教えてくれます。

信じる人の所にはサンタがやってきて奇跡を起こす・・・。

今回は映画版で2度に渡って出てきたセリフをご紹介。

私は単なる物好きで、赤い服で笑顔をふりまいているのではない。
私は夢のシンボルだ。

人生とは悲痛なものだ。
だが、自分勝手な心や憎しみを抱いていても
夢があれば救われる

もし信じる心をなくしたら、
何一つ信じられるものがないとしたら、
欺満だらけの人生になってしまう。



34丁目の奇跡
B000QUTRRQリチャード・アッテンボロー マラ・ウィルソン エリザベス・パーキンス
20世紀フォックスホームエンターテイメントジャパン
2007-07-27売り上げランキング : 16399

おすすめ平均star
starこちらはリメイクなんですね。
starイブ・イブの午後に心が暖かくなりました
star夢を信じる素晴らしさ
Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ちなみに、クリスマスつながりで同時に見たのがこれまた名作中の名作。ディケンズの「クリスマスキャロル」。

お金の事しか頭に無く、クリスマスなんかクソ食らえという老人スクルージ。あるイブの夜に、亡くなったかつての同僚が鎖に繋がれた霊として現われ、生前に善行を怠った為に苦しんでいることを告げ、まだやり直せるとも。その後3人の精霊によって過去・現在・未来へと連れられ、自らの辛い過去や未来と対面したり、クリスマスを祝う、貧しくも心清らかで幸せな人々の姿を見せられ、やがては改心して・・・というお話。

ミッキーアニメでご覧になられているお子様も多いのではないでしょうか。(というより、私がそうでしたが)

クリスマス・キャロル
B00006S2RWパトリック・スチュアート リチャード・E・グラント ジョエル・グレイ
タキ・コーポレーション 2002-11-22売り上げランキング : 38218

おすすめ平均star
star表情豊かな“パトリック”スクルージ
starPatrick Stewart万歳!
starパトリック様のファンならぜひに!
Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ちなみに、これもサンタがキーマンにもなっていますね。
ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女


今日もありがとうございました。
その他たくさんの素晴らしい本ブログ⇒

こちらもどうぞ⇒ にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ








アクセス解析
* このエントリーをはてなブックマークに追加Check
HIDE * 映画・ビデオ・テレビ * comments(3) * trackbacks(0) * pookmark 

コメント

初めまして、僕もブログを運営していて今少し行き詰った状態なので今後の参考の為に記事を拝見させて頂きました。自分も教育には以前から興味があり、今こうしてサイトを拝見させて頂いて大変参考になりました。ランキングの応援致しますねwもし良かったら今度僕が運営するブログにもぜひ遊びに来て下さい、よろしくお願いします。
Comment by アメリカ留学 @ 2008/06/10 5:17 PM
ごんぐりさん、はじめまして。
サンタが裁判にかけられるという所も面白いですよ。
ありがとうございました。
Comment by HIDE @ 2008/05/12 12:58 PM
はじめまして!
この本の事はまったく知りませんでした。
ぜひ、読んでみたいと思います♪
ランキングもポチッ! 
Comment by ごんぐり @ 2008/05/09 5:07 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ