<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< そうか、もう君はいないのか(城山三郎) | main | 先週読んでいた本 >>

コンサルタントの「質問力」 野口吉昭

野口 吉昭
PHP研究所
¥ 840
(2008-03-19)
Amazonランキング: 315位
Amazonおすすめ度:
質問をわかりやすく解説!
コンサルタントのみならず
コンサル以外の人にも役立つ本
JUGEMテーマ:読書


久しぶりにビジネス系を。

「コンサルタントの現場スキルで最も大切なものはなんでしょう?」という問いがあったとしたら、私は迷うことなく「それは『質問力』」と答える。


著者は、コンサルタント会社の株式会社HRインスティテュートの代表にして、中京大学総合政策学部・経済学部の講師及びNPO法人「師範塾」の副理事長をされている野口吉昭さん。(上の短い「よし」の漢字が出ませんので、「吉」になっています)

又、「質問力」は、コンサルタントに限らず、ほとんどのビジネスパーソンに必要な能力であると始まります。

IT社会においては、ニーズを集約することは出来ても、本当はまだ見えていない奥底のウォンツを引っ張り出す為には、優れた質問力が必要となると。

カメラ付き携帯が、携帯にカメラを付けたいと言う世間のニーズが強かったわけでも、コントローラーを振り回したり、ボードにのって遊びたいと言う要望が強かったわけでもないのに爆発的に売れている任天堂のWii(余談ですが、とうとう売り上げ1.6兆円になったそうです。老舗の花札屋さんが、ここまで大きくなることを一体誰が予想できたでしょうか)など、確かに現在では、顕在化しているニーズを探すのではなく、絶対今すぐ必要と言うわけではないけれど、あると便利、あったら面白そうという欲求を満たさないとヒット商品が生まれないのかもしれません。

さて、そんな深みをさぐれる「質問力」を鍛える為に本書が指南するのは3つの力です。

1.仮説力
2.本質力
3.シナリオ力


同じ質問をするにしても、漫然と質問をするのではなく、まずはポイントをついた質問が出来るように事前にリサーチを行い仮説を立てる。これは質問に限らず仕事でもそうで、以前にも書いたセブンーイレブンの仮説仕入れの件などもあげられています。

そして、物事や問題点の本質を見極め、端的に表現できる能力。「つまり・・・」「要するに・・・」と一言で納得させられる能力を高め、

その質問から導き出されるであろう答えに相手を誘導していく為にも、どんな言葉で、どういうタイミングで、どういう質問をしていくのか、また、こんな場合にはこうして、こんな流れならこうしてと、俯瞰しながらも大局を見つめてゴールまで導く為の様々なパターンのシナリオを構築する能力。(突発的な事態に対処できるアドリブ力も)

仮説を立てる為のロジックツリー(質問ツリー)、本質を見極める為の「1分間マネジャー」「ボストンコンサルティング」などでもおなじみ「エレベーター・ステートメント」
(エレベーターに乗ってから降りるまでの30秒くらいで説明すること)、シナリオ力を鍛える為のフレームワークとしてSWOT分析などの解説もあります。


全体的に初心者にも分かり易いように実体験や具体例などで簡単に書かれています。

しかしながら結構カタカナ用語、専門用語が出てきますが、新書だからなのか、ある程度の知識層をターゲットにされたからなのか、注意書きやルビがないのが若干残念でした。

たとえば、仮説力のところで「いわゆる『ラポを取る』ようにするのだ」とありましたが、一般的にラポと言う言葉は使われていないと思いますし、試しにヤフーやグーグルでも検索しましたがヒットしませんでした。

話の流れから「ラポールを取る」の略だと思われますが、これはNLP(神経言語プログラミング)などの臨床心理学の用語ですので、コンサルタントやコーチングなどの経験がないと何の事か分からない気がしますし、啓蟄という漢字をふりがな無しで「けいちつ」と読める人もそう多くはないと思うのですが・・・(私だけ?)

まぁ、そんな細かい所は、それこそ本質からは外れますので置いておいて、コミュニケーション手段として必要不可欠な質問力を向上させる為にも、さらっと一読してみて下さい。



今日もありがとうございました。

その他たくさんの素晴らしい本ブログ⇒

こちらもどうぞ⇒ にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ








アクセス解析
* このエントリーをはてなブックマークに追加Check
HIDE * 経営・ビジネスの本 * comments(2) * trackbacks(0) * pookmark 

コメント

>rusty nailさん

コメントありがとうございます。スパム以外のコメントを頂いたのはどれだけぶりだろうかと言う感じで恐縮です(^^; 
既に活用されているとのことで素晴らしいですね。私はまだまだ活用できていませんので、これからも精進しなければと思っています。ありがとうございました。また読み直してみます。
Comment by HIDE @ 2014/11/20 8:17 PM
この本で全ての仕事に役立ってきました。北海道に住んでいるのですが 認知機能低下や知的障害 高次機能障害の人と会話するコツを全て実地することができます。
今は、高齢者の介護施設で働いていますが 高齢者の会話相手だけの仕事なので私よりも知能指数が高ければ認知機能が低下していてもバイリンガルで英語 日本語を同時通訳方法で会話しなければ意味が解らないようで この本を読んだおかげでとても助かりました。
Comment by rusty nail @ 2014/11/20 12:26 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ