<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< マジシャンの教え−不可能を可能にする逆転の発想− | main | なぜ、エグゼクティブはゴルフをするのか? >>

多聴多読マガジン 2008年 04月号 [雑誌]

---
コスモピア
¥ 1,380
(2008-03-06)
Amazonおすすめ度:
多読多聴のモチベーションが上がる
入りやすけど、専門用語の解説もほしいですね。
4月号は始めやすい
JUGEMテーマ:趣味


今週は、以前ご紹介した苫米地英人さんの「英語は逆から学べ! 〜最新の脳科学でわかった!世界一簡単な外国語勉強法~特殊音源CD付き(全外国語対応)」読んでの実践編として英語脳を作るべく、CNNニュースをみたり、ドラマ「OC」をみたりしていましたが、もっと日常的に英語にふれるべく一番「英語は逆から学べ」の実践に向いていそうな本書を読んだり付属CDを聞いたりしていました。

この春の4月号から季刊ではなく、隔月刊になったそうで、特別増大号になって、2.0にバージョンアップ?されたみたいです。(過去のものは立ち読み程度でくわしく知りません)

一応。2.0へのアップグレードとして、
●「読む」「聞く」つまり、インプットする際の吸収効率を高める
●インプットから効率よくアウトプット(特に「話す」)へつなげる
といった提案がされているそうです。

要は、タイトル通り英語を「たくさん聞いて」「たくさん読んで」さらに「たくさん話す」ことを日常的に習慣として行っていけるように、精選された旬の話題や小説など様々な素材を「初級の上」レベルから「上級の下」レベルまで広範囲にわたって提供、ナビゲートしてくれます。ですから、全部理解できなくとも、少しずつ学んで、何ヶ月後かに、再び聞いたり、読んだりするのが良い使い方なのだと思います。

多読に関しては人気ブログランキングでいつも上位におられる「洋書を読む、よ?」さんという素晴らしいブログがありますので、そちらを参考にして頂くとして、英語で読書を楽しむ為の三原則として、

辞書は引かない
わからないところはとばす
つまらなければやめる


というのがあります。辞書も引かず、日本語にも訳さずにどうやって、と思ってしまいますが、私たちが日本語を他国語に訳して考えないように、又、知らない言葉があっても知ったかぶりとまではいかずとも、あいづちをうって会話の全体の流れで意味を理解しようとするように、英語を英語として理解するのが多読や多聴による英語脳づくりの実践なのだと思います。

私自身、ほとんど英語に触れる機会がありません。当然、日本語オンリーの日常で、海外のドラマや映画も、映像と字幕を同時に見れない(というか、映像チラ見、字幕真剣という感じになる)ので、もっぱら日本語版という始末。

そんな中、本書で紹介されていた映画に「Night at the Museum」という映画のノベライズを読みやすくした(読みやすさレベル2.2−2.4)の英文とCD収録音声がありました。けっこう面白く、昨年話題にもなっていたので、早速DVDをレンタルして見てみました。

さすがにまだまだ何を言っているのかわかりませんので、日本語で観たり英語でみたり、日本語字幕でみたり、英語字幕でみたりと、せっかくなので色々と試してみました。
(苫米地英人さんによれば本当は字幕も見ない方がいいそうですが)

まぁ、何にしても、これまでとは違ったDVDの見方をしているので、良い経験をさせて頂いています。(同時に借りてきたウィル・スミス親子主演の「幸せのちから」でも同じ事をしていましたが)


ちなみに、映画のDVDなどは色んな楽しみ方や、最悪言葉はわからなくても映像だけでも何となく内容はわかりますが、本はそうはいきません。やっぱり読書を趣味としているものからすれば、英語で書かれた原書を読んでみたい。

そうは思いつつも、最初の何行を見ただけでギブアップしてしまうというジレンマに悩む今日この頃。

「ハリーポッター」に書かれている「小鬼」は、そのまま「ゴブリン」と書いていてほしかった、と思ったのが原書で読んでみたいと思ったきっかけの一つのような気もします。


本書の「読者体験談」というコーナーで江頭さんと言う方も「感動した本」として書かれていたオグ・マンディーノの名著「The Twelfth Angel」(十二番目の天使)。これ、私も絶対読んでみたい原書の一冊です。どれぐらいのレベルかわかりませんが、ティモシーの活躍を原書味わってみたいです。

そして、やっぱり当面一番の目標は、同じくオグ・マンディーノの 「 The Greatest Salesman in the World 」(邦題・地上最強の商人 )を辞書なしで原書で読む事。

まだまだ長そうですが、楽しんでこの道のりを進んでいこうと思っています。


長くなりましたが、最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございました。

その他たくさんの素晴らしい本ブログ⇒

こちらもどうぞ⇒ にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ










アクセス解析
* このエントリーをはてなブックマークに追加Check
HIDE * 自己啓発の本 * comments(2) * trackbacks(0) * pookmark 

コメント

Julieさん、コメントありがとうございます。

お気楽に楽しんで英語に触れていきたいと思います。
英語で夢が見られるようになったらいいなと思っています。
Comment by HIDE @ 2008/04/14 10:51 PM
HIDE さん、はじめまして。
素敵な紹介をしていただいて、照れております。

たいていの人にとって、ハリーポッターは難しすぎます。どんな人でもレベル0から、っていいですよね。

肩の力を抜いて、お気楽に、Happy Reading♪
Comment by Julie @ 2008/04/14 10:35 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ