<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 今日は残りの人生の最初の日 | main | 英語は逆から学べ!~最新の脳科学でわかった!世界一簡単な外国語勉強法~特殊音源CD付き(全外国語対応) >>

世界一愚かなお金持ち、日本人

評価:
マダム・ホー
ディスカヴァー・トゥエンティワン
¥ 1,050
(2008-01-13)
Amazonランキング: 925位
Amazonおすすめ度:
不労取得の価値観
残念ながら伝わらない
価値観の違いを知る
JUGEMテーマ:読書


著者のマダム・ホーは、16歳で神戸から単身渡米し、南カリフォルニア大学及びUCLAの両大学院を卒業されている方で、医学・金融専門の一流の同時通訳としても世界のVIPや成功者との交流もあり、国際的に活躍されておられますが、それとは別に、20代でOLをしながら1億の資産を築き、現在では100の不動産をもつ資産家でもあるそうです。

又、インドネシア出身の華僑である御主人とはその大学院生時代に知り合われています。
資産家、華僑といっても、元々2人共資産家の御子息、御令嬢というわけでもなく、コーラ1本買えなかったほどの極貧生活を送られていた事もあるそうで、そこから這い上がって突き抜けたお二人のサクセスストーリーからも、大いに学べます。新書で200ページにも満たない本書で、(他の本とまとめてレジに行った為、今回アマゾンでリンクを貼るまで気付きませんでしたが)1050円の本。安い人には安く、高い人には高い本です。

日本にずっと住んでいると、日本式の考え方や日本の常識しかわかりませんが、著者のマダム・ホーのように日本人でありながら、アメリカに住み、インドネシア系華僑の旦那さんがいて、ユダヤ人などの富豪の方々と接していると、様々な価値観や物の捉え方が学べるので、ある意味うらやましいですね。

そんな華僑の旦那さんらしいエピソードも。

付き合っていた当時、旦那さんから真剣な顔で「大切な話がある」と誘われ、いよいよプロポーズかと目いっぱいのおしゃれをしてデートにのぞみますが、高級レストランもビバリーヒルズも華僑地区の宝石店でもなく、工業地帯を抜けた先の、連れて行かれた場所にあったのは、何とバーガーキング。何かの演出で驚かそうと思っているのかと考えていた著者に、彼はこう言ったそうです。

「いい店だろ?この店はオープンしてまだ数ヶ月だけど、毎月の売上が○▲※もあるんだよ。このあたりは新興住宅地で近い将来、人口が爆発的に増加し・・・」

後でわかったことですが、夫は先のジョーとのマクドナルドの一件があった直後でした。当時のバーガーキングは部外者でもまだ加盟することができ、たまたまその店は、投機目的で買ったオーナーが売りに出していたそうです。
夫はジョーとの苦い経験から、ダイヤモンドの婚約指輪を買うより、二人の将来のためにバーガーキングを持ちたいと考えていたのです


ジョーとマクドナルドの話は本書にゆずるとして、日本とアメリカや中国の「信用システム」の違いとして、日本では年収や「今いくら持っているか?誰を知っているか?」という人脈や銀行残高を信用度とする「キャッシュ社会」。アメリカはクレジット社会でクレジットは訳すと信用。「借りたお金をきちんと返済してきたか?約束を守る能力があるか?」という「クレジット・ヒストリー」や国民背番号制度によるスコアなど、信用度をデータ化して判断し、中国では人相や人となりで判断するそうです。

著者は基本的には不動産投資でここまでの資産を築いてこられました。コネもカネもなかったので、最初は日系銀行に断られ、人相だけで中国系銀行の融資によって最初の一歩が踏み出せます。金利は若干高め。しかし、Win−Winのニッチ市場を開拓している中国系銀行との取り引きをチャンスと捉えて踏み出した一歩が今日の彼女の地位を築いています。

彼女は単にラッキーだっただけ?確かに運も必要でしょうが、仕事の合間に宅地建物取引主任者の資格勉強もし、仕事終りや休日には物件まわりと、寝る間も惜しんで「汗」を書かれています。

日本とアメリカとでは不動産の価値やローンや税の制度など色々違う?様々な反論も聞こえそうですが、親の介護で一時帰国せざるを得なくなって、長期休暇を申し込んだらクビをきられた、というようなシビアな国でもあるアメリカ。働いて得る収入とは別の、働かずに得る収入を株や不動産、サイドビジネスなどでまかなわなければ、今の生活も老後の不安も残る。

日本でも終身雇用が崩壊し、年金制度も破綻しかけている現状では、アメリカの話、ではすまないはずです。

不動産投資や株式、自営にサイドビジネス、ネットベンチャーなど、資産を築く方法は人それぞれでしょうが、貯金だけではどうにもならないのが現在の低金利政策下の日本。

2倍の法則」によれば、100万円を毎年2倍にしていけば、1億円ためるのに、たった7年。「72の法則」によれば、0.35%の定期預金に預けると、1億円貯めるのには何と1440年。

「金持ち父さん、貧乏父さん」では分厚すぎてなかなか読めなかった人もこれならさらっと読めて幾ばくかの気付きを得られるのではないでしょうか。

この1050円の投資が高かったのか安かったのかは、あなたしだい・・・



今日もありがとうございました。



※前回魔法の言葉を載せていたおかげなのか、久しぶりに人気ブログランキングは25位以内に、おすすめ本ブログランキングでは3位になっていました。みなさま、ありがとうございます⇒

こちらもどうぞ⇒ にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ








アクセス解析
* このエントリーをはてなブックマークに追加Check
HIDE * 自己啓発の本 * comments(2) * trackbacks(1) * pookmark 

コメント

本物伝道師★ケイ さん、はじめまして。

宅建の検索ということは3年前の記事からでしょうか。
日々の積み重ねの大切さを改めて感じさせて頂いた気がします。

ご訪問、コメントありがとうございました。
またよろしくお願いいたします。
Comment by HIDE @ 2008/04/05 10:58 PM
こんばんは。はじめまして。

宅地建物取引主任者で検索していたのに、
偶然入り込みました(笑)

トップページがすっきりしていて、
とても参考になるブログですね。

しかも、この前から気になっていた、
マダム・ホーの本が紹介されていてビックリしました。

これもご縁なのでしょうか、応援ポチッ★♪
Comment by 本物伝道師★ケイ @ 2008/04/05 9:28 PM
コメントする









トラックバック

【ダイヤモンド】の口コミ情報を探しているなら

ダイヤモンド に関する口コミ情報を探していますか?最新の検索結果をまとめて、口コミや評判、ショッピング情報をお届けしています…
From 人気のキーワードからまとめてサーチ! @ 2008/03/30 11:54 PM
このページの先頭へ