<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 宇宙を味方にする方程式 | main | 金持ち父さんの起業する前に読む本 -ビッグビジネスで成功するための10のレッスン >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

*
スポンサードリンク * - * - * - * pookmark 

ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する―絶対に失敗しないビジネス経営哲学 (幻冬舎新書 し 4-1)

評価:
島田 紳助
幻冬舎
¥ 735
(2007-05)
Amazonランキング: 1196位
Amazonおすすめ度:
サイドビジネス
そんなに悪くはなかった。
途中から内容の方向が、、、
JUGEMテーマ:ビジネス


昨日の「宇宙を味方にする方程式」で 「念を入れて生きる」と書きましたが、本書の著者、島田紳助さんの経営するおすし屋さん「寿司 はせ川」の壁にもこんな言葉が書かれています。

夢を叶える最大の方法は

強く念じ、強く強くイメージする事

そして酒を飲み語る事


これは、紳助さんが、お店で働いている従業員に対して、「ぼくはこういう気持ちで一緒のチームとして働き、信じ合える仲間でありたい」という願いをこめて、自筆で書かれたもので、10項目からなり、額に入れて店に飾ってあるそうですが、その最後に書かれています。

負けず嫌いで人一倍努力される紳助さんならではの人生訓というか、哲学がちりばめられています。

参考までに、1つ目、2つ目は

どこへ行きたいかわからぬ者に
進む道などわかるはずがない

うまく行かない事を環境のせいにする人間は
絶対に幸せになれない


となっています。

本書のタイトルにある「大盛りにするオバチャン」の話は最終章の中のわずか数行ですが、そこにはお笑い芸人として「人を喜ばせる」ことを仕事にしている紳助さんならではの感覚があり、サブタイトルの「ビジネス経営哲学」とあるとおり、サイドビジネスや、これから商売をはじめたいと思っておられる方には非常に良い入門書になると思います。

再び昨日の「宇宙を味方にする方程式 」の話に戻りますが、その中に、動物には2つの本能があり、一つは自己保存の本能で、二つ目が種の保存の本能。そして、人間には第三の本能として「喜ばれるとうれしい」というのがあるとされています。

「大盛りにするオバチャン」の店は、腹一杯食えるからではなく、本当はそんなオバチャンの気持ちがうれしいからその店に行く。料理と一緒に店の人の気持ちも一緒に食べている。

そこから、紳助さんならではの値段へのこだわりもうかがえます。値段は店の良心であり、客の満足感と値段がつりあうかそれ以上で感動がなければならないと。そして、自身の経験もふまえて、時価が主流の寿司業界ならではかもしれませんが、客単価にはものすごく敏感であるそうです。

先週1万円のお客さんが今日1万5千円なら、店はうれしく、お客さんも「美味かったでぇ。またよらしてもらいます」と満足そうに帰られても、ちょっと待てと考えるのが紳助流。

かつてのエピソードを要約すると、常連になったなじみの寿司屋で、「今日はこんなネタがあるんですけど」と、数が少ない珍しい寿司も握ってくれるようになる。最初は嬉しいが、だんだんと「今日はこんなネタがあるんですけど」が増えてくる。見栄もあるから断れないが、当然勘定は高くなる。笑顔で店は出るが、時価の高いネタを売りたいだけではなかったかと疑心暗鬼になる。要は値段と満足感にズレが生じる事があるのだと。そう思わせた時点で店の負け。その店には二度と行かなくなる。と言う事。

常に人を喜ばせる事を意識している芸人「島田紳助」ならではのアイデアと実践の数々。
知人や弟子に任せている、石垣島の喫茶店にラーメンチェーンにお好み焼き屋など、ビジネスオーナー・島田紳助の様々な哲学やアイデア、チームとしての仲間を思いやる心などが見られます。

そんな紳助さんにあこがれますが、逆にこうも言われます。

「紳助さんに憧れてます。紳助さんみたいになりたいんです」
そう言って、弟子入りを志願してくる若い子がいる。
僕はいつもこう言い返す。

俺はもうおるで

(※関西弁で「既にいるよ」と言う意味:HIDE)
(中略)

誰かみたいになりたいなんて、つまらない夢だなあと思う

そんな事に時間や労力を費やすほど、人生は長くない。

他人のようになろうとするのではなく、もっと自分になれと思う



昨年読んだ本の中ではかなり上位にランクする本だったと思います。

新書で読みやすいので、商売に興味がある人もない人も一読をおすすめします。


今日も最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございました。

その他たくさんの素晴らしい本ブログ⇒ にほんブログ村 本ブログへ


※オンライン書店bk1で購入⇒ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する


※楽天ブックスで購入する⇒ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する


アクセス解析






* このエントリーをはてなブックマークに追加Check
HIDE * 経営・ビジネスの本 * comments(2) * trackbacks(0) * pookmark 

スポンサーサイト

* このエントリーをはてなブックマークに追加Check
スポンサードリンク * - * - * - * pookmark 

コメント

成幸者さん、こんばんは。
先ほどブログにも訪問、コメントさせて頂きました。

はじめに言葉ありき。既に「成功おたく」ではない方を「成功おたく」さんと呼ぶのにすごい違和感がありましたので、次回お会いする際のハンドルネームにもすごい興味があります(^^;

私も「はじめの一歩」を卒業しなければなりませんね。(ただ、HIDEと言う人はネット上に山ほどおられるので、どこのHIDEかわからなくなってしまうので、ずっとこのままにしていましたが) 

いろいろとありがとうございました。

Comment by HIDE @ 2008/03/15 8:35 PM
HIDEさん、こんにちは。成功おたくです。

本日、ブログの最後の更新をしましたので、ごあいさつにお伺いしました。
長い間、お世話になり、誠にありがとうございました。

『成功おたくのビジネス書評』をやめる決断に対しては、ブログに詳細を書きましたが、「成功おたく」という自己像がもはや私にはふさわしくない、という判断をして、書評の更新をやめることにしました。

以前HIDEさんに「成功おたく」ではなく「成功者」になってください、と言われたことが未だに心に残っています。それをやっと実現しようと決意したしだいです。

HIDEさんのブログを常々意識して、参考にして、また追い越せるように努力してきました。最終的に、追い越せませんでしたが、またそのうち、新しいブログを立ち上げて、再チャレンジしたいとも思っています。
その際は、是非よろしくお願いします。

それでは、長い間、お世話になりました。
今後もHIDEさんのブログの更新を楽しみにしています。
Comment by 成功おたく @ 2008/03/15 10:54 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ