<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ネットとリアル | main | クローン技術とハガレン >>

ローマ法王 ヨハネ・パウロ2世のご冥福をお祈り致します。

世界宗教者平和会議に関する日記を別の日記に書いた4月2日にローマ法王のヨハネ・パウロ二世がお亡くなりになられました。なんとも偶然なのか何なのか不思議な気分です。

カトリック中央協議会のHPの中に教皇メッセージと言うコーナーがあって見て見ますと、今年2005年「世界平和の日」のメッセージの中に

「平和の善と共通善」と言う項目があり、その中で教皇は
「あらゆるレベルにおいて、この共通善が奨励されるとき、平和は促進されるのです。個人は、その社会性を考慮することなしに完成を見い出すことができません。そして、人は他者と「ともに」他者の「ために」存在するのです。」

とありました。

ちょうど先日のコメントにも書きました仏教の「利他の精神」に通じるものがありましたのでご紹介させて頂きました。


又、話は変わりますが、仏教で言う所の「利他」と言う所から明治時代に日本の近代経済社会の基礎を築いたと言われる故渋沢栄一氏は生涯「道徳経済合一説」を唱えられ実践されてこられましたが、その著書『道徳と富貴』の中で

道徳の伴う富でなければならぬと同時に、富の伴う道徳でなければ、ただ己一人をよくするに過ぎない」
と書かれています。

つまり、他の人を利するにも富と言うものがなければそれが出来ないと言われています。


この事は以前にこれ又別の日記で書かせて頂いた「絶対運―史上最強の運命術」の著者「深見東州」氏もその著書の中で、ボランティアにはまり自分の生活基盤ももたない青年に対して渇を入れられています。



私もあるボランティア団体に所属し、昨年の京都府北部を襲った台風23号の折にはボランティアセンターの設立から運営まで連日携わらせて頂きましたが、その間仕事や家庭にも支障をきたし、どれもが中途半端になり、結果多くの方々にご迷惑をおかけしたのではないかと少し心苦しくもあります。


やはり、自分の生活や心にも余裕がなければ単なる偽善行為や自己満足の世界にしかならないのか、はたまた、本当の意味での「利他の精神」や「共通善」を理解していないのか今も様々な面で葛藤しています。



まだまだ人生修行中です。


人気blogランキングに登録してみました。よろしければご協力頂けますとありがたいです。m(_ _)m 人気blogランキングへ



ありがとうございました♪





渋沢栄一―雨夜譚/渋沢栄一自叙伝〈抄〉
渋沢栄一―雨夜譚/渋沢栄一自叙伝〈抄〉
渋沢 栄一

つねに刺激を出し続ける人になれ!
つねに刺激を出し続ける人になれ!
渋沢 栄一


アクセス解析


* このエントリーをはてなブックマークに追加Check
HIDE * 宗教・精神世界・心理学 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark 

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ