<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 奇跡の経営 | main | 「Candle Project 2006」"夢を叶える" 〜Love&Peaceの灯をともそう >>

あなたが世界を変える日〜リオの伝説のスピーチ〜

卒業シーズンも一段落し、いよいよ暖かい春がやってきます。

暖かい、と言う言葉から、ふと地球温暖化という言葉が頭をよぎりました。

私の住む京都で温暖化といえば、先進国等に対し、温室効果ガスを1990年比で、2008年〜2012年に一定数値(日本6%、米7%、EU8%)を削減することを義務づけている「京都議定書」というものをご存知の方も多いと思います。

その「京都議定書」は、1992年にリオ・デジャネイロで開催された地球環境サミット(UNCED)での「気候変動枠組条約」に基づいて採択されたものですが、そのリオのサミットで伝説となっているスピーチがあるのをご存知でしょうか。

世界の首脳陣を前に堂々と感動的なスピーチを行ったのは、何とわずか12歳のカナダの少女、セヴァン・カリス=スズキ。

彼女は11歳の時に子供環境運動(ECO)という小さなクラブを立ち上げ、海岸掃除や大気汚染などの勉強といった活動をしていたのですが、ある日、リオで開催される環境サミットの話を聞きます。

この会議の結果によってもっとも大きな影響を受けるのは私たち子どもなのに、この会議に若い世代の代表がだれもいない」事を知り、「私たちECOこそ子供たちの代表としてブラジルに行くべきだ」と決意するのです。


しかし、普通ならここまで。そんな事出来る訳がないと諦めるのでしょうが、彼女は違いました。真剣にまわりに訴え続けます。すると、そのうちカンパが集まってくるようになり、これは、と思い、本やアクセサリーを売ったりして旅費を稼ぐ、自分達の主張が理解されるようにスピーチの仕方を学ぶ、など「行動」を起こしていき、本当にブラジル行きを実現させ、さらに現地での精力的な活動がユニセフの代表やサミットの議長の目に止まり、先のスピーチへとつながるのです。

「オゾン層にあいた穴をどうやってふさぐのか、あなたは知らないでしょう。

死んだ川にどうやってサケを呼び戻すのか、あなたは知らないでしょう。

(中略)

どうやって直すのかわからないものを、こわしつづけるのはもうやめてください。


「学校で、いや、幼稚園でさえ、あなたたち大人は私たち子供に、世の中でどうふるまうかを教えてくれます。

たとえば、争いをしないこと、話し合いで解決すること、他人を尊重すること、ちらかしたら自分で片付けること、ほかの生き物をむやみに傷つけないこと、わかちあうこと、そして欲張らないこと。

ならばなぜ、あなたたちは、私たちにするなということをしているんですか



耳と同時に胸が痛くなります。本当はスピーチの部分だけでも全文記載したいくらいですが、ご存知ない方は是非一度読んでみてください。

全ての大人のバイブルになってもいいと思います。


私達はよく「青少年の健全育成」と言う言葉を使いますが、その前に大人自身も、もう一度真剣に考えなければならない事がたくさんあるのではないでしょうか。

「おききしますが、私たち子どもの将来を真剣に考えた事がありますか。

(中略)

あなたたちはいつも私たちを愛しているといいます。しかし、いわせてください。

もしそのことばがほんとうなら、どうか、ほんとうだということを行動でしめしてください



堂々と、態度で示せる大人でありたいと思います。



あなたが世界を変える日―12歳の少女が環境サミットで語った伝説のスピーチ
あなたが世界を変える日―12歳の少女が環境サミットで語った伝説のスピーチセヴァン カリス=スズキ Severn Cullis‐Suzuki
ナマケモノ倶楽部おすすめ平均
stars子どもたちの地球を子どもたちが守る
stars環境を考えて経済活動を行なうための基本理念
stars変わるのは私たち
stars子どもには、何かを感じ取ってくれたらなと・・・
stars少女の言葉の重み
Amazonで詳しく見る

by G-Tools


読書図書館のように大切にフィルムコートしたい方はオンライン書店のbk1でどうぞ
あなたが世界を変える日  12歳の少女が環境サミットで語った伝説のスピーチ


あなたが世界を変える日 楽天ブックス
あなたが世界を変える日 楽天ブックス


よければ是非ポチっとお願いします。更新のはげみになります。↓
人気blogランキングへ


↑他のブログを参考にされたい方も是非覗きにいって見てください。
ありがとうございました♪


こちらのランキングは純粋に「本」の紹介ブログが多いです。にほんブログ村 本ブログへ






アクセス解析
* このエントリーをはてなブックマークに追加Check
HIDE * 偉人伝 * comments(5) * trackbacks(3) * pookmark 

コメント

>>スズ さん、コメント、トラバありがとうございます。
 未来の人々から、「昔地球は青かったんだって」と言われないようにしなければなりませんね。
Comment by HIDE @ 2006/04/08 6:06 PM
はじめまして。先ほどトラックバックさせていただいた者です。

この本には、HIDEさんのおっしゃるように、全ての大人のバイブルにしたいメッセージが溢れてますよね。
Comment by スズ @ 2006/04/07 3:35 PM
>>ポレポレとうさんさん、コメントありがとうございます。私の場合は書評というよりも感想ですが、お褒め頂きありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。


>>たー坊さん、コメントありがとうございます。
 まだまだ読めていない素晴らしい本がたくさんあり、もっと時間が欲しい毎日です。ただ、読むだけでなく実践するのにも時間がかかりますよね。
Comment by HIDE @ 2006/03/27 6:39 PM
HIDEさん、先日は私のブログに遊びに来てくださり
ありがとうございました!
HIDEさんのブログ、拝見させていただきました。
素晴らしい本の紹介をされているのですね!
私も、ジャンルを問わず本を読むのが好きなので
HIDEさんのブログで、素晴らしい本とたくさんの出会いが
できればと思いました!!!

これからもちょくちょくお邪魔したいと思っていますので
宜しくお願いします(笑
Comment by たー坊 @ 2006/03/26 8:21 AM
HIDEさん、こんにちは。先ほどはコメントをいただき、ありがとうございます。
この本はかざらない言葉で綴られていますが、それだけに胸に迫るものがあるなと思っています。出来るだけ多くに人に読んで欲しい一冊ですね、
HIDEさんの書評を読ませていただいて、本の紹介はこういう風に書くのだなと感心しました。私も本を紹介する時には参考にさせていただきたいと思います。
またちょくちょくおじゃまさせていただきます。これからもよろしくお願いします。
Comment by ポレポレとうさん @ 2006/03/25 8:19 AM
コメントする









トラックバック

リオの伝説のスピーチ

みなさんこんにちは。 今日は読書週間二冊目のご紹介です。 はたして何冊までご紹介できるのでしょうか。 せめて一日一冊は読みたいです。 え〜今日はこの本を読みました 「あなたが世界を変える日」 リオの伝説のスピーチと聞けば知ってる人も
From もっともっとのほほ〜んでいきましょう @ 2006/07/24 7:15 PM

12歳の少女が環境サミットで語った伝説のスピーチ  〜あなたが世界を変える日〜

今日も地元愛知でも黄砂が降ってきています。 自分はこの地で生まれ育ったので、かなりの年数過ごしていますが、黄砂を認識したのは今年が初めてです。 何か環境に変化が現れてきてるのでしょうか? さて、今日は↓の本を紹介します。 あなたが世界を変える日
From ドリカンおすすめ保管庫 @ 2006/04/25 4:52 PM

リオの伝説のスピーチ 『あなたが世界を変える日』

1992年6月。 私はちょうど大学生になったばかりの頃でした。 こんなにも素晴らしいスピーチが、 当時12歳のカナダの女の子によって行われていたとは 全く知りませんでした。
From Way of Being @ 2006/04/07 3:18 PM
このページの先頭へ