<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 白夜行 | main | あなたが世界を変える日〜リオの伝説のスピーチ〜 >>

奇跡の経営

Fortune(フォーチュン)500企業ではなくFortunate(幸せな)500企業を目指せ・・・

社員のコントロールを一切止め、急激に業績を伸ばし、辞職率実質”ゼロ”のブラジルの企業「セムコ社」

社員3000人の企業では一般的に考えられない事ですが、セムコ社には

・組織階層がなく、公式の組織図が存在しません。

・ビジネスプランもなければ、企業戦略、短期計画、長期計画といったものもありません。

・会社のゴールやミッションステートメント(企業理念)、長期予算がありません。

・決まったCEO(最高経営責任者)が不在と言う事もよくあります。

・人事部がありません 

etc....と、およそ一般的に私達の考える企業としてのていを成していません。


そこには、コントロールを手放し、性善説に基づいた考え方があるだけです。

では、「セムコ社」(私は最初ずっと「セコム社」と勘違いしていました)とはいったいどんな会社なのか。

リカルド・セムラー氏いわく、

「何年にもわたって、わたしはセムコ社を定義づけることを、あえて拒んできました。それには理由があります。とても単純な事です。一旦仕事を定義してしまうと、それが、こちらが意図せずとも社員に境界線を与える事になってしまうからです。境界線があることで、彼らの思考・発想を制限してしまいます

最悪なのは、新しい事に挑む機会を無視する理由を、彼らに与えてしまう事になりかねない事です。

もしくは、「俺達はそんな仕事をしているんじゃない」と社員が言い出すかもしれません。

わたしは、セムコ社のアイデンティティを上から押し付けるのではなく、社員自らが努力し、興味を持ち、主導権を持って、つくり上げるようにしているのです。」



つまり、
社員に自分の真の才能は何なのか、そして自分がやりたい事は何かを見つける事が出来るように、そのための余裕と機会を与えることによって、社員がひとたびやりがいを感じ、活気付いて生産的になると彼らの活動が自ずと会社に利益と成長をもたらす

のだそうです。


コントロールを手放すというのは、「7つの習慣」の中でも他人に仕事を任す=デレゲーションと言う所で、大手小売チェーンの故J.C.ペニーの人生における最大の決断は、コントロールを手放すと決めた事」や「デルの革命」でマイケル・デルが「オフィスの鍵やコーラの自動販売機の鍵を誰かに渡しておく事の大切さを悟った」と言う所などからもわかるように、権限の委譲というのは経営者、リーダーでは基本的な事ですが、言うはやすし、行うは難し、です。

うそのような本当の話で、セムコ社では実際にこれまで20年ほど、このやり方で成長し続けているそうです。

勤務時間にしても自由で、「一人前の大人の行動を信頼」し、そのかわり「彼らの才能と献身的な貢献に対して報酬を支払う」と至ってシンプルです。セムコ社では「ただ机に座っているだけの人材はもとめていない」そうですので。

仕事もわくわくと天職、趣味のように楽しんで、毎日が週末の発想で仕事も生活の一部になる。そんな会社だからこそ、社員はかえってのびのびと自由に、進んで残業もし、業績を上げる。

一見すると完全歩合制のセールス業か何かと勘違いされそうですが、何とセムコ社は船用のポンプなどを創っている「製造業」です。


「人材」を「人財」として最大限の能力を引き出す「奇跡の経営」。

理想の会社、組織を作りたいなら是非ご一読下さい。


よければ是非ポチっとお願いします。おかげさまで、まだ1枚目あたりにいさせて頂いております。ありがとうございます。↓
人気blogランキングへ


↑他のブログを参考にされたい方も是非覗きにいって見てください。
ありがとうございました♪


ちなみにこんなのもありますにほんブログ村 本ブログへ




奇跡の経営
一週間毎日が週末発想のススメ
489346941X
リカルド・セムラー 岩元 貴久
総合法令出版 2006-01-24
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by
G-Tools



プレゼントフィルムコートしてプレゼントされる方はオンライン書店のbk1へ
奇跡の経営 一週間毎日が週末発想のススメ



ちなみに、本書の訳者の岩元さんによれば、本書の印税(訳税)は全てメイク・ア・ウイッシュ・ファウンデーションに寄付されるそうです。

「メイク・ア・ウイッシュ」とは、難病とたたかっている子どもたちの夢をかなえ、生きる力や病気と闘う勇気を持ってもらいたいと願って設立されたボランティア団体です。日本でも、10年ほど前に元XJAPANのhideと世界に23例しかない難病と闘った貴志真由子ちゃんとの交流ドキュメントなどでも有名になりました。

そんなエピソードも含んだ「メイク・ア・ウイッシュ」事務局長の大野さんが出版されました。その名も「メイク・ア・ウィッシュの大野さん」です。
こちらはまだ読んでませんが、ウイッシュリストには入れてあります(^^;


メイク・ア・ウィッシュの大野さんメイク・ア・ウィッシュの大野さん


その、hideと貴志真由子ちゃんの交流を綴ったこんな本もあります。

hide「がんばんだぞ」―優しさと、愛と勇気をありがとうhide「がんばんだぞ」―優しさと、愛と勇気をありがとう





[PR]岩元貴久氏【あなたの知らない情報ビジネスの儲かる仕組み】
/DVD+CDセット





アクセス解析

* このエントリーをはてなブックマークに追加Check
HIDE * 経営・ビジネスの本 * comments(3) * trackbacks(2) * pookmark 

コメント

こんにちは。
興味深い本ですね。早速店頭で手にとって見たいと思います。いつもためになる情報を提供していただいてるので、とても参考にしています。これからも更新、楽しみにしております。突然のコメント、失礼しました。
Comment by ホームページ制作「ホームページマジック」 @ 2006/09/15 10:10 AM
>>kid83さん、コメント、TBありがとうございます。
 kid83さんも、かなり読書されていますね。起業に向けて頑張って下さい。
Comment by HIDE @ 2006/03/27 6:46 PM
はじめまして。Kid83と言います。
「奇跡の経営/リカルド・セムラー」のブログ検索で、オジャマしました。
一人ブレストやってます。
良かったら覗いてみてください。

それではブログ頑張ってください!

TB貼らせていただきました
Comment by Kid83@起業ネタ日記 @ 2006/03/26 3:48 PM
コメントする









トラックバック

読書マラソン (2006/03/25)

今週の読破数 6冊 / 累計 635冊 (2004.01.01起算) 今週の読書録です。 ほぼノルマ達成ですが、アマゾンで購入した本が20冊ほど溜まっており、また”積ん読状態”に・・・ ?団塊が電車を降りる日 /辻中俊樹 ?失敗しないためのフランチャイズビジネス体
From 起業ネタ日記 〜アイデア発想マラソン! @ 2006/03/26 3:52 PM

No.279:メイク・ア・ウィッシュ!

 おはようございます。桜の開花が伝えられ、陽気も景気も回復傾向のようです。日経新聞がこんな報道をしています。 ?  主要企業が新卒採用を一段と拡大する。日本経済新聞社が21日まとめた2007年度の採用計画調査(一次集計)では大卒が06年度の実績見込みに比べ
From !? びっくり&はてな @ 2006/03/22 8:41 AM
このページの先頭へ