<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< リアル・サクセス | main | 人生は数式で考えるとうまくいく >>

流星ワゴン

以前から気になっていたリリー・フランキーさんの「東京タワー」を買おうかと思っていましたが、柴田理恵さんが、「東京タワー」よりも「流星ワゴン」の方が泣けたと言っていたそうで、丁度文庫本が発売されていて送料無料の抱き合わせ用にも丁度よかったので購入してみました。


リリーさんの「東京タワー」がオカン(母親)ならば、こちらの重松さんの「流星ワゴン」はオトン(オヤジ)と息子(で、時々妻)という話です。


「死んじゃってもいいかなぁ。もう・・・。
 
 38歳・秋。その夜、僕は、5年前に交通事故死した父子の乗る不思議なワゴンに拾われた。そして・・・自分と同い歳の父親に出逢った。時空を超えてワゴンがめぐる、人生の岐路になった場所への旅。やり直しは叶えられるかのか・・・?

「本の雑誌」年間ベスト1に輝いた傑作。



父と息子。父親でありながら息子でもある自分。

自分が子供の頃、例えば12歳の頃の親の歳とその歳の自分とを比べてみる。
あるいはその逆で、自分が12歳の時はどう思っていたのか。

親の論理と子供の理屈。


たぶん、この本は、現在父親でもあって息子でもある私達の世代が一番リアルに受け止め、感情移入ができるのでしょう。(もしくは、本書に出てくる”チュウさん”のような父親にこころあたりがある方)

で、当然のことながら私は主人公になりきり、チュウさんは父親にかぶりました。

そして、確かに「泣ける本」でしたが、いわゆる悲しくて泣く、感動して泣く、という感じではなく、何と言うか、魂というか”心”にぐっとせまってきて、あとがきにもあるように、泣くというよりも「洟(はな)をすすりながら」読んでいました。それも、後半はとどまることをしらず。



男どうしであるが故の親父と息子。

お互い素直になれず、下手をすれば反抗期のまま大きくなり、なかなか溝が埋まらないといったことも現実的にみなさんも経験されたことはないでしょうか。

そして、子供に対しての、「親」としての自分はどうなのか。自分が子供の時はどうだったか。自分の歳のおやじならこんな時どうしてたのか。それぞれの目線でみる親と子の関係。



「まぁ、おまえらが寝てしもうてからのことじゃけん、知らんわの」

「子供の知らんことは、ようけあるんじゃ、親には」



「親という字は木の上に立って見ると書く。それぐらい親は子供のことが心配なんやで大事にせなあかん。」昔にとある人から言われた言葉をまた思い出しました。

親孝行 したい時に 親は無し


幸いにも私は父親が健在です。

少しおやじと向き合って話をする時間があってもいいのかなと思いました。

息子として。
子を持つ親の先輩として。

そして何より
男どうしとして。

 
ここ最近の私のテーマが自己分析。その過程で自分のルーツである「親」と向き合う事も流れにあります。

「ARE YOU HAPPY?」では主人公が大嫌いな父親に似ているといわれる事自体を嫌悪していても、実は愛情の裏返しであったり、「本当の自分を知る質問」では「親」に関する質問もかなりあります。また、「交流分析」の中にも初対面の人に対してただひたすら「自分の父親について」「自分の母親について」話すプログラムがありました。

皆さんも一度、真剣に向き合ってみられてはいかがでしょうか。


ちょっと読んでみたくなった、と言う方も、そうでない方も是非ポチっとお願いします。↓
人気blogランキングへ


↑他の本ブログを参考にされたい方も是非覗きにいって見てください。

ありがとうございました♪


ちなみにこんなのもあります。にほんブログ村 本ブログへ



流星ワゴン
406274998X重松 清 講談社 2005-02売り上げランキング : 6,456
おすすめ平均star
star父と息子
starなんかいいワールド
star全てに絶望した夜、そのワゴンはやってくる・・・
Amazonで詳しく見る

by G-Tools





ちなみに、映画化が決定したそうです。






アクセス解析


* このエントリーをはてなブックマークに追加Check
HIDE * 泣ける本 * comments(8) * trackbacks(1) * pookmark 

コメント

>>平蔵さん、ありがとうございます。
 私はたまに更新してみて、1億にしてみたいです。
(その前にマメに更新しなければ・・・)


>>montanaさん、こんばんは。
 いつもありがとうございます。
自分の歳を考えると、当然それだけ親も歳をとっているわけで、意識しないと親も歳をとっている事は忘れてしまいますね。いいきっかけになったのか、偶然なのか、最近よく父と言葉をかわします。

>>アキシンさん、こんばんは。
 いつもありがとうございます。
「リアル・サクセス」は。私がもっているモリタさんの本の中で一番好きかもしれません。
Comment by HIDE @ 2005/11/03 11:47 PM
HIDEさんこんばんは
アキシンです。
HIDEさん聞いてください
シンクロが起きました。
実は昨日HIDEさんの記事を読んだ後
「リアル・サクセス」ほしいな〜と思っていたんですね。
最近の本ではなかったので古本であればよいかな
と考えていたところ発見しましたよ〜
何万冊とある古本からしっかり僕の目に飛び込んで
きました。これは僕に必要な本だとすぐ感じて
買いました。でもまだ読んでませんが・・(笑)
すてきな本の紹介これかもよろしくお願いいたします。
いつもありがとうございます
Comment by 小さなキッカケ大きな向上アキシン @ 2005/11/02 2:02 AM
じゃぁ私は「オカン」の方を読もうかしらね♪
私は両親と遠く離れて暮らしているので
元気なうちに出来る限り来日したいと思ってます。
でも、あまりべったり居ると喧嘩になることもあるのだけど(笑)
だんだん歳をとって行く親を見ると、なんだかちょっと寂しいですよね。
Comment by montana @ 2005/11/01 10:24 PM
HIDE さん。こんばんは!平蔵です。
早速貼ってますね^^
私は1億になるまで貼りません。永遠に無理ですね(笑)
私の父親も健在で、私も2児の父親です。
両親に親孝行したことが無いので、「親孝行 したい時に 親は無し」になる前に、何とか親孝行したいですね。
Comment by 平蔵 @ 2005/10/31 10:09 PM
>>笑顔整体の院長さん、いつもありがとうございます。
 なかなか更新できずにいましたので、日付変更にあわせるかのように2日分アップしました。最近じっくり読む事が多く、読書スピードも落ちている気もします・・・


>>アキシンさん、いつもありがとうございます。
 「親」と「子」難しいですね。頭ではわかっていても、なかなか態度では天邪鬼になる自分もいたりします。
Comment by HIDE @ 2005/10/31 9:45 PM
HIDEさん
こんばんは
アキシンです
「子供であり親である」僕にも
あてはまります
そして「親」という字とてもよくできていますよね
いつまで経っても「親」は「親」、「子」は「子」
なんですよね。
Comment by 小さなキッカケ大きな向上 アキシン @ 2005/10/31 5:37 PM
HIDEさん
こんばんは
アキシンです
「子供であり親である」僕にも
あてはまります
そして「親」という字とてもよくできていますよね
いつまで経っても「親」は「親」、「子」は「子」
なんですよね。
Comment by 小さなキッカケ大きな向上 アキシン @ 2005/10/31 5:37 PM
なんか久しぶりの記事ですね^^

流星ワゴンですか。
その手は読んでないですね。
本もっと読まないとですね^^;ぽちっ
Comment by 笑顔整体の院長 @ 2005/10/31 2:05 PM
コメントする









トラックバック

To Do List【37W6D】

検診レポへのコメントで、母親学級で一緒だった方の出産を知りました。 彼女、予定日より20日も早い出産だったそうで。 自分も人事じゃないと、あらためてドキドキしちゃいました…。 で。やるべき事の、その後の進行状況確認。(やる事増えてるし…涙) ●完遂 ▲
From 昨日のつづき since 2005 @ 2005/11/04 8:19 PM
このページの先頭へ