<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< もう5センチ頭を下げて | main | いまはダメでも、きっとうまくいく >>

生きて死ぬ智慧

生命科学者で歌人の柳澤桂子さんによる、般若心経の「心訳」と堀文子さんの画による、わずか50ページ足らずの世界です。

般若心経に関しては以前 ひろさちや さんの「般若心経二六二文字の宇宙」の時にも若干かじってみましたが、今回は「心訳」と呼ばれるように、柳澤さんの歌人としての、あるいは自身も30年もの長きにわたって難病に煩わされているという経験を元にして、般若心経の宇宙観を独自の解釈にて書かれています。


「お聞きなさい

 あなたも 宇宙のなかで

 粒子でできています


 宇宙のなかの

 ほかの粒子と一つづきです

 ですから宇宙も「空」です

 あなたという実体はないのです

 あなたと宇宙は一つです


 宇宙は一つづきですから

 生じたということもなく

 なくなるということもありません

 きれいだとか 汚いだとかいうこともありません

 増すこともなく 減ることもありません

 「空」にはそのような

 取るに足らないことはないのです」




著者は、あとがきにおいてお釈迦様の偉大な点に、ものを一元的に見るという真理を見抜いたことをあげておられます。

精神世界、いわゆる目に見えない世界は非科学的な世界とされていますが、皮肉にもその科学の進歩によって物事の本質、お釈迦様の教える悟りの世界が説明できるようになったと述べられています。

私たちは原子からできています。原子は動き回っているために、この物質の世界が成り立っているのです。

この宇宙を原子の世界で見てみましょう。私のいるところは少し原子の密度が高いかもしれません。あなたのいるところも高いでしょう。

戸棚のところも原子が蜜に存在するでしょう。これが宇宙を一元的に見た時の景色です。一面の原子の飛び交っている空間の中に、ところどころ原子が蜜に存在するところがあるだけです。」


お釈迦様が原子の世界を考えておられたかどうかは知る由もありませんが、こういった考え方も出来るのだなと、少し感心しました。


「私たちは、自己と他者、自分と他のものという二元的な考え方に深入りしていきます。元来、自分と対象物という見方をするところに執着が産まれ、欲の原因になります。(中略)

物も原子の濃淡でしかありませんから、それにとらわれることもありません。一元的な世界こそが真理で、私たちは錯覚を起こしているのです。

このように宇宙の真実に目覚めた人は、物事に執着するということがなくなり、何事も淡々と受け容れることができるようになります。」



宗教は違えども、マザー・テレサも
「神の愛の宣教者は、貧しい者の中の最も貧しい者です。誰一人、私でさえも、自分の物は何も持ちません。」

と、実際に亡くなられた際の全財産が、2枚の質素な木綿のサリーと着古したカーディガン、そして常に持ち歩いた布袋だけだったそうです。

物質的には豊かでも、心が貧しくなってきたと言われる日本。

本書がベストセラーに居続けていることを考えれば、まだまだ大丈夫、案外捨てたもんでもないと思います。



心が穏やかになってきた!と言う方も、そうでない方も是非ポチっとお願いします。↓
人気blogランキングへ


↑他の本ブログを参考にされたい方も是非覗きにいって見てください。

ありがとうございました♪


ちなみにこんなのもあります。にほんブログ村 本ブログへ



生きて死ぬ智慧
4093875219柳澤 桂子 堀 文子
小学館 2004-09-18
売り上げランキング : 44おすすめ平均 star
starこころの詩と神秘の絵のマッチングの書
star原子からみた世界
star命の畔で
Amazonで詳しく見る

by G-Tools








アクセス解析

* このエントリーをはてなブックマークに追加Check
HIDE * 宗教・精神世界・心理学 * comments(9) * trackbacks(0) * pookmark 

コメント

Satoさん、はじめまして。コメントありがとうございます。参考になるのかどうかはわかりかねますが、よろしければまたお立ち寄り下さい。ありがとうございました。
Comment by HIDE @ 2008/03/24 6:53 PM
HIDEさん初めまして。先週の’情熱’の記事を拝見しコメントしております。あちらにもマザーテレサの言葉が引用されていましたね。自分は良く知らない方でした。(今でも)しかしある番組で外国を旅しながら写真を撮る方で、ある一冊の彼女の本を帰国しようとしていた時に手にして写真を撮らせて欲しいと直談判し、願いかなって撮ったものが、後に無名だった彼女を知らせる役割をした方の番組があり、自分でもそれを感じて記事に書いたことがあります。
 加えて、堀文子さんも番組で初めて知って、とても素晴しい生き方をされている方だったのでやはり動かされて書き残しておきました。
 HIDEさんの考えを参考にさせて頂くことが出てくるかもしれませんので、ゆっくり又寄らせて頂きます。では。
Comment by sato @ 2008/03/22 2:03 PM
>>オリーブさん、コメントありがとうございます。
 写経は結局する機会にめぐり合わずに、未だにしたことがありませんが、機会があればしてみたいですね。
Comment by HIDE @ 2005/10/25 6:59 PM
HIDEさん、ご無沙汰しています。
オリーブです。
般若心経と言う言葉につられて来てしまいました。

子供の頃、写経なるものを知らない時に、お経の筆で書かれた
文字があまりにきれいなので、お習字のお手本に勝ってにしていました。
その後、それは写経と言うものだと知り。
書いたものを、むやみに捨てたりしては、いけないことを知りました。
子供心にも、捨てられず箱に取って置いてよかったな〜
と思っています(笑)
「生きて死ぬ智慧」おもしろそうですね。
Comment by オリーブ @ 2005/10/25 3:17 PM
>>笑顔整体の院長さん
 いつも素早いコメントに本当に頭がさがります。ありがとうございます。
 あとからあとからじわじわとしみてくる。そんな本でした。


>>大和さん
 コメントありがとうございます。
ブログにHPにとすごいですね。色々気付きがありました。ありがとうございました。


>>アキシンさん
 いつもありがとうございます。
宇宙の法則。最近なんとなく解って来た気がしますが、まだまだ奥が深すぎますね。


>>yuriさん
 コメントありがとうございます。
原子の集まりと考えると今、こうしてコメントを書いている私自身不思議な感覚です。心穏やかなのは確かですが。
Comment by HIDE @ 2005/10/21 1:27 AM
こんばんは♪

私達は原子からできてるっていうふうに、
精神的な世界を科学で説明されると納得できるというか
どことなく不思議な気持ちになりました〜。


心穏やかになりますね、本当に♪
Comment by yuri @ 2005/10/20 9:07 PM
HIDEさんこんばんは
ごぶさたしてます
アキシンです
僕もこの本立ち読みしただけですが
とても深いですよね。
宇宙の法則は誰も変えることはできません。
僕達はある法則の中で生かされているんですね
法則をやぶってしまうとなんらかによって
知らせがくると思っています
Comment by 小さなキッカケ大きな向上 アキシン @ 2005/10/20 8:02 PM
はじめまして!

私はアイディア1つで億万長者の「ブログ!」を発行しています

新規開拓営業研究所の大和と申します。

記事を読んでいておもしろいなぁ〜と思いました。

これからも楽しい情報を楽しみにしています。

良い本と出合う事で人生もかわりますから読書は

すばらしいですネ!

できれば私のブログやホームページも見に来て

下さい。見に来ていただいたお礼としまして

無料でSEO対策のホームページテンプレート

をプレゼントしています。アイディア1つで億万長者の

メールマガジンも発行していまして現在、

相互リンクを受け付けていますので

宜しくお願いします。

http://www.shinki-kaitaku21.com/
Comment by 新規開拓営業研究所 @ 2005/10/20 12:57 PM
この本はいいですね^^

本屋で表紙が目を引いたので、
ぱらっと立ち読みしました。

立ち読みで呼んでしまえるぐらい薄い本ですが内容が濃いので、
読み返したい本でもありますね^^ぽちっ
Comment by 笑顔整体の院長 @ 2005/10/20 2:44 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ