<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< こころの羅針盤(コンパス) 五木寛之選 | main | 生きて死ぬ智慧 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

*
スポンサードリンク * - * - * - * pookmark 

もう5センチ頭を下げて

「感謝」が最近の私のテーマになっていますが、本書で樋口さんは

感謝の「感」は感動を意味します。そして「謝」とは謝意(お礼)であり、謝ることでもあるのです。たとえば誰かの言葉に感動する。そのことに対して「ありがとう」というお礼の気持ちや「そのことには思い至らなかった」という反省の気持ちです。それこそが感謝なのです。


と、述べられています。著者の樋口廣太郎さんと言えば、住友銀行で副頭取
就任最年少記録、その後のアサヒビールの立て直しなどでも有名な方ですが、そんな樋口さんの実家は京都市内で商売をされていたり、曹洞宗永平寺派の檀家総代されていたりと、謙虚と感謝の下地は生まれたときからあったのでしょうが、京都大学入学後の「学生運動」から立ち直るために西洋の社会思想を学ぼうとカトリック協会の門をたたき、21歳でカトリックの洗礼もうけられたそうです。宗教にとらわれず、神仏に対しては謙虚に頭を下げるという精神を学ばれています。

また、商家と言う事で小さい頃から神棚にお灯明をあげ、仏壇にお茶を上げたあと、ヤカンのお茶を表の通りに「お飲みやす、お飲みやす、お飲みやす」と三回撒かれていたそうでもあり、これは、
「世の中には子孫との関係が途絶えてしまって、餓鬼といって水も飲めない人がいる。そういう無縁の人たちに「飲んでください」とお茶を撒くんだよ」
と祖母に教えて頂いていた事によるそうです。

そういった、全てのものへの感謝の心を幼少時に祖母から学んだようですが、その他にもよく祖母に近所の弁天様やお稲荷さんへお参りに連れて行ってもらっていたそうですが、祖母はそこでは「ありがとうさんです」とただ感謝の気持ちだけを伝えられたそうです。
「神社やお寺には願い事をしてはいけない」
というのが祖母の教えだと言う事です。

また、毎日墨をすらされてもいたそうですが、その際に
「天神さん、弘法さん、はよう墨濃くなってくださいませ。
 お猿が紐引いた。どこまで引いた。天まで引いた。
 手習いは坂に車を押すごとし。
 油断をすれば あとへ戻るぞ

と、こんな文句に節をつけて歌わされたそうで、日々努力を積み重ねることの大切さ、油断したり努力を怠るとこれまで積み上げてきたものがたちまち無駄になってしまうという厳しい人生訓などを教わったそうです。

今日、たまたま保護司の方のお話を聞く機会がありましたが、やはり最近では核家族化、子供部屋の個室化、遊び方の個人化なども非行の一因という話もありましたが、こういった昔からの感謝の心や謙虚な姿勢を自然と学んでいく機会も減っている気がします。

又、その保護司の方の話によれば、少年院に入っている子供に家族行事で思い出に残っている事はと聞くと、ほとんどが「無い」と答えるそうです。

お正月にはじまり、桃の節句に端午の節句。お盆のお墓参りなど、日本には古来から親族、家族で行う様々な行事があり、その他にも「もちつき」から「大掃除」まで。「手伝い」をする事からも感謝の心が芽生えるとも話されていました。

もっともっと、私達大人が「感謝のこころ」を本音で伝えていかなければと再確認した一日でした。



感謝の気持ちで生きてます!!と言う方も、そう言う気持ちで頑張ろうという方も是非ポチっとお願いします。↓
人気blogランキングへ


↑他の本ブログを参考にされたい方も是非覗きにいって見てください。

ありがとうございました♪


ちなみにこんなのもあります。にほんブログ村 本ブログへ






もう5センチ頭を下げて
―謙虚な姿勢こそがチャンスをものにする!

4879320021
樋口 広太郎
財界研究所 1998-05
売り上げランキング : 732,991Amazonで詳しく見る

by G-Tools




アクセス解析


* このエントリーをはてなブックマークに追加Check
HIDE * 経営・ビジネスの本 * comments(6) * trackbacks(0) * pookmark 

スポンサーサイト

* このエントリーをはてなブックマークに追加Check
スポンサードリンク * - * - * - * pookmark 

コメント

>>mntanaさん

 いつもありがとうございます。
私も神様、仏様、お釈迦様と、様々な方々(?)にたくさんお願いをしてきました(^^;
欲張りすぎて叶わないのかと思っていましたが、もともとお願いすべき事ではなかったんだと・・・


>>共栄さん

 コメントありがとうございます。
いい歳して、私もまだまだ知らない事ばかりです(^^;
なにより、学生時代はこんな事を考えもせず怠惰な日々を送ってきましたので、今頃あわてて勉強中です。


>>ヒロさん

 いつもありがとうございます。
最近やっと、感謝できるようになってきましたので、ヒロさんのような若い方が既に悟られているのは素晴らしいことですね。見習わせて頂きます。


Comment by HIDE @ 2005/10/20 2:33 AM
ヒロです。こんばんは。
最近、神社やお寺で、願い事を言うのではなく、感謝の気持ちを言うようになりました。
ありがたいことって、探せばたくさんあります♪ ポチッ
Comment by 元気が出る言葉のプレゼント @ 2005/10/19 11:29 PM
初めまして。

なんか俺には難しいです…。

大学のの講義を思い出します!


よかったら、俺のブログにも来て下さい。

簡単な小説を書いてます☆
Comment by 共栄 @ 2005/10/19 10:47 PM
えっ?そうだったんですか?
私ったらずっと神社やお寺でお願いごとばかりしてました(大汗)
HIDEさんのおっしゃる通り、昔から伝わる本来の姿や意味などを
ちゃんと理解してないことがいっぱいあり過ぎます(私のことよ)
まだまだ学ぶ事がいっぱいありそうな人生デス!

Comment by montana @ 2005/10/19 3:26 PM
>>笑顔整体の院長 さん、いつもありがとうございます。

相変わらずの素早いコメントにびっくりしてしまいますが、ありがたい事です。常にこうやって感謝の心を持つ事ができているのもみなさまのおかげだと思っています。ありがとうございます。
Comment by HIDE @ 2005/10/19 3:05 AM
神社は願いを聞いてもらうところではないですね。
今まで守ってきていただいた
感謝の意を唱えるって大事なことですよね。

何事にも感謝の気持ちをもって歩んで生きたいですね。ぽちっ
Comment by 笑顔整体の院長 @ 2005/10/19 1:53 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ