<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< みじかい命を抱きしめて | main | 飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ >>

生きがいの創造(新版)

本書は、普段私がお世話になっている「発見!人生向上気付きの種」というアキシンさんの9月29日のブログにて「成功する幸せのヒントやきっかけを語る夫婦の会話」のポパイさんや、「福岡笑顔整体 院長の雑記帳」の院長先生がお勧めされていた本で、しかもその前日の私のブログで「お父さんは太陽になった」という本を紹介しましたが、そのあとがきでも飯田先生の事を書かれていましたので、どうやら「今」読まなければならない本だと思い読み始めました。

本書は2003年改訂の新版の方で、1996年の初版からの7年間で著者が得た情報や経験を元に全面改訂された「生きがい論」の集大成だそうで、初版での誤りも素直に修正され、旧初版を読まれた方々にも読み直して頂きたいと著者も述べられています。その為かどうかは解りませんが、おまけでCDもついていました。(CDを聞くだけで1時間くらいかかります)

さて、本書ですが、さすがみなさんがお勧めされるだけあって私の中で何かが動き始めました。

基本的には「死後の世界」「生まれ変わり」を科学的に調査し、それを元に独自の「生きがい論」を探られているのですが、著者自身、無宗教者でもあり、何より精神科医やカウンセラーではなく、経営学博士である事にも驚きました。


「死後の世界」があるのかないのか、「生まれ変わり」があるのかないのか、などを信じる信じないはさておき、それらを経験したことがあるという世界中の人々の話から共通している事は、肉体的な現世ではない、精神的な世界(光の世界)にて人生計画をし、「がんばって手を伸ばせば届く程度」の「試練」を自分で選んで現世にやってきているという事です。


私のブログのテーマは「どうでもいい事なんて、ひとつもない」ですが、本書によれば、やはり、すべてのことには意味があり、自分で描いたシナリオの内の一つの出来事にすぎないそうで、

「たとえ私たちが、人よりも困難な人生を送らなければならないとしても、必ずしも過去生で悪い事をしたために、それを償っているとは限りません。むしろ、わざと厳しい条件に身をおき、一定の試練を受ける事によって、大きく成長する機会を設けている場合が多いからです

とあるように、自身の魂が更に成長するためにあえてそのようなシナリオを選んだという解釈がなされています。


よく「運命の赤い糸」と呼ばれる事柄に関しては、
「何度もの人生を身近に生まれて、互いの成長を促すために貴重な役割を果たしあう関係の意識体たち」
の事を指し、それらの人を人生を通じて出会う人々・・・「ソウルメイト」と呼ばれています。それらソウルメイトとは、いつ、どのタイミングで会うのか、夫婦なのか親子なのか、好意的なのか敵対的なのか、様々な形でお互いの為に「この世」に相談の上やって来ているそうです。

又、人生シナリオを決める上で、次の人生で学びたい事を学ぶためにはどの親の元へ生まれて行けば良いのか、どんな健康状態が良いのかと言った事も計画してからやってくると言われていて、読みながら妻や子供の事、自分の事や親のことなどを考えていました。


そして、人生を生きて行くのに「プラス思考」が良いという事が良く言われますが、著者は「プラス思考」は「マイナス思考」とも表裏一体であり、「挫折」や「不運」の存在を認め「挫折から立ち直ろう」「不運だったが乗り越えよう」と、「試練そのものに大きな価値を感じて、何事も楽しみながら前進しよう」という建設的な本来の考え方ではなく、失敗からの修復を目的に無理をしている場合が多いのではとも指摘されています。


そこで、著者は挫折や不運という発想のない「ブレイクスルー思考」と言う事を提唱されています。

「ブレイクスルー思考」とは、生き方を大きく変えてしまうような意識革命をもたらす思考法と言う事で
「私達は決して挫折する事はなく、不運に見舞われる事もない。一見、挫折のように見える事も、不運のように感じられる事も、実はすべて、【順調】そのものなのだ」

とあり、その事は人生を変える5つの仮説と言う所の仮説3に
人生とは、死・病気・人間関係などの様々な試練や経験を通じて学び、成長するための学校(試練の機会)であり、自分自身で計画した問題集である。したがって、人生で直面するすべての事象には意味や価値があり、すべての体験は、予定通りに順調な学びの過程なのである
と書かれています。


つまり、そもそも幸運、不運というものはなく、
人生というのは、「自分が自分に与えた、自分にとって最適な問題集」です。つまり、「人生では、まず求められる価値(学ぶべき課題)が存在し、その価値を身につけるために最適な現象(学びや試練などの経験)が生じてくる
と言う事です。

そう考えると、今この一瞬一瞬に起こっている全ての事柄に意味があり、それらの問題を出来るだけ100点満点で、今のこの人生を無事クリアして、更に上位レベルの次の人生に向かいたいとも思えます。

この考え方は、ある意味ロールプレイングゲームなどに慣れ親しんでいる現代の若者にはすんなり受け入れられるかもしれません。(但し、途中で棄権する、自殺というリセットボタンは押してはいけませんが)


そんな風に考えていると、神に最も近いといわれるプロジェリア病のアシュリーちゃんなんかは、やはり最終の試練を受けて(と、いうより、母親にとって必要な課題を与えるために?やってきて)、速く(一般人の10倍ほどで)次のステージに上がっていくという気がします。



(今回の内容は精神、宗教的な考え方などにからみますし、死や障害などにも触れていますので、気分を害される方もおられるかも知れませんが、あらかじめお詫びしておきます。)


お読み頂きありがとうございました。
人気blogランキングへ←よろしければ愛のひとポチお願いします。



↑他の本ブログを参考にされたい方も是非覗きにいって見てください。

ありがとうございました♪


ちなみにこんなのもあります。にほんブログ村 本ブログへ







CD付[新版]生きがいの創造
4569627943飯田 史彦
おすすめ平均

starsいろいろと発見させられました
stars旧版を持ってる方にもぜひ読んで欲しい。
stars人は生まれ変わる
stars人生の意味、生きる事の意味が・・
stars素晴らしい本です
Amazonで詳しく見る

by G-Tools



読書図書館のように大切にフィルムコートしたい方はオンライン書店のbk1でどうぞ
生きがいの創造 新版



4569641954DVDブック版 生きがいの創造 第1巻
人は死んでも生きている
飯田 史彦 江村 信一
Amazonで詳しく見る

by G-Tools



本書にも出てくるワイス博士の退行瞑想CDです。あの山川夫妻が監修・語りをされています。
4569371795心を癒す ワイス博士の過去生退行瞑想
山川 紘矢 山川 亜希子
関連商品
瞑想へのいざない[CD]
「前世」からのメッセージ PHP文庫
未来世療法 運命は変えられる 前世療法―米国精神科医が挑んだ、時を越えたいやし〈2〉
前世療法―米国精神科医が体験した輪廻転生の神秘

by G-Tools









アクセス解析


* このエントリーをはてなブックマークに追加Check
HIDE * 宗教・精神世界・心理学 * comments(6) * trackbacks(0) * pookmark 

コメント

>>ヒロさん
ありがとうございます。
既に初版の方を読まれているのはさすがですね。
しかも新版まで読まれる意気込み、頭が下がります。


>>ポパイさん
ありがとうございます。
やっとつながる事が出来ました。
飯田先生の講演会。報告を楽しみにさせて頂きます。
よろしくお願い致します。


>>montanaさん
ありがとうございます。
アキシンさんとともに読み始めましたが、さすがにガツンとくる内容でした。
天体の影響きつすぎです(^^;
(ちなみに春夏秋冬理論ではまだ冬ですので、春にむけてきっちり精神修行させられているのだと思います)


Comment by HIDE @ 2005/10/10 12:53 AM
これがウワサの本なのですね!
私も読みたいと思ってこっちの本屋さんに行ったら
置いてなくて・・・
今HIDEさんの記事を読んで増々読みたくなりました!
私にとってもタイムリーな内容だと・・・
やっぱり天体のせいかもね(笑)
Comment by montana @ 2005/10/09 5:27 PM
こんにちは、ポパイです。
「福岡笑顔整体 院長」とともに紹介されて感謝です。
本当に、ありがとうございます。
オリーブと一緒によろこんでますよ。
実は、10/16に飯田史彦先生の講演会にいってきます。
わくわくです。
是非ブログにて報告しますので、そのときは見に来てくださいね。
少し稚拙な文章のブログですがよろしくお願いします。


Comment by ポパイです。 @ 2005/10/09 3:51 PM
ヒロです。こんにちは。
この本は、前の版の時に読みましたが、内容も修正が加えられているんですね。
何より、CDがついてるのがいいです。
最近、CDにはまってきているので♪
改めて買ってみようかなと思います(^^) ポチッ
Comment by 元気が出る言葉のプレゼント @ 2005/10/09 3:22 PM
笑顔整体の院長 さん、おはようございます。

パラダイムシフトを起こす本でした。
宗教や、カウンセリング系人が書いた本で無い所が、
逆に一歩引いて客観的に見る事が出来る気がします。
ありがとうございました。
Comment by HIDE @ 2005/10/09 4:43 AM
紹介ありがとうございます^^
この本は本当に学ぶべきこと多いですよね。
飯田史彦先生の書いた本たくさんありますが、
一番はこれが原点でしょう。

他の本も気になるところですね^^ぽちっ
Comment by 笑顔整体の院長 @ 2005/10/09 3:47 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ