<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 大人の科学マガジン | main | 生きがいの創造(新版) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

*
スポンサードリンク * - * - * - * pookmark 

みじかい命を抱きしめて

前回フジテレビのドキュメント「短い命を刻む少女〜アシュリーからの贈り物」について書きましたが、せっかくですので、その母親ロリー・へギの著書の方もご紹介させて頂きます。

本書はアシュリーの話と言うよりは、プロジェリア病(早期老化症)の子供をもった母親ロリー・ヘギの半生とこれまでの歩みと言う感じの作りになっています。

アシュリーの事ではなく、波乱万丈のロリーの方にもスポットをあてたのはフジテレビ側の依頼で、本書も日本向けに書き下ろされたそうですが、そのロリーが

「テレビのドキュメンタリーなどを通して、プロジェリアという難病の子供を抱えて、清く正しくけなげに生きる母親像をイメージしていた人達がいたとしたら、少なからずがっかりさせてしまったかもしれません」


と言っているように、まるで先日、安達祐実が演じた積木くづしを思い出すかのような不良ぶりです。

暴れん坊で怖いもの無し、男勝りの女の子をさす「トムボーイ」とよばれるじゃじゃ馬で、中学校に入ると毎夜のようにパーティやドラッグ、家出などの繰り返しで、小さな悪事を「It's OK」と思い始めるとどんな事も「It's OK」と思えるようになって、いつのまにか世の中全てが「It's OK」になっていたそうです。


詳しく書きかけましたが偏見や誤解を招いても何ですので割愛させて頂きます。


その後、17歳でアシュリーを産んで間もなく、アシュリーの心臓に穴が開いている事が判明するのですが、このときの心臓の欠陥はプロジェリアとは関係なかったそうですが、この件があったおかげでちょっとした変化にも目を光らせるようになったそうです。

その後、「強皮症」という皮膚がかたくなる病気になり、発育も悪くなかなか体重も増えない。しかし、担当の医師が偶然ゴシップ系週刊誌に載っているアンという女の子がアシュリーにそっくりな事に気がつき、プロジェリアという未知の病気の可能性をみつけてくれたのです。

この「偶然」がなければ、アシュリーは原因不明と言う事で様々な苦痛だけを伴う検査や投薬が繰り返されていた事でしょう。


また、日本と言う大国でさえプロジェリアという病気があまり知られていないと言うことで取材などを受けられたそうです(それまでにも本国で様々な取材などは受けられていましたが、アシュリーや家族にとって、密着取材などは肉体的にも精神的にもきつかったそうですので今後は断るつもりでもあったそうです)が、そんな中、日本のクルーがアシュリーにこんな質問をします。


「もう一度、生まれ変わったとしたら、今度は何になりたい?」


キリスト教社会には、肉体的に2回生まれるという発想は無いそうで、人は肉体的に2回生まれるいうよりも神から永遠の生命を与えられると考えるためそんな考え方をアシュリーに教えた事もないそうですが、アシュリーはちょっとだけ考えてこう答えます。

もう一回、私を選ぶ


腕を組みながら、「そうそう、決まってるでしょ」と言わんばかりの表情で何度もうなずきながら。



最後にエピローグから

「シングルマザーや障害者、ドラッグ中毒など、過去の私と同じようなトラブルを抱えた人は世界中にたくさんいるでしょう。そんな人たちに、さんざん人からはずれたことをやってしまった私の、今の姿を見てほしかった。もうあとは川の底に沈んで息絶えるだけと思い込んでいたネガティブな状況でも、必ず希望はあるということを知ってほしかったのです。
(中略)

ようやく最近になってネガティブの連鎖がさらに大きなネガティブな結果を呼んでしまうことがわかりました。逆にひとたびネガティブなものをポジティブに転じる事ができれば、そこには希望や楽しみや平和に満ちた世界が待っています。

ただし、人に与えられた時間には限りがあります。ネガティブの連鎖というスパイラルにはまり込んで、足踏みをしている時間はそうたくさんは与えられてはいないのです。ネガティブを振り払ってポジティブに変えられるすべを学び、その人生を精一杯生きなければならない
まさにこれは、アシュリーの人生です。

(中略)

人にとって時間がどれほど大切なものであるか、彼女の存在自体が語っています。

そして

ポジティブに生きてと、その小さな身体ごと、メッセージを発してくれているように見えます。」




ロリーが作ったプロジェリアプロジェクトのHP http://www.progeriaproject.com/Kids/ashley/




お読み頂きありがとうございました。
人気blogランキングへ←よろしければ愛のひとポチお願いします。



↑他の本ブログを参考にされたい方も是非覗きにいって見てください。

ありがとうございました♪


ちなみにこんなのもあります。にほんブログ村 本ブログへ








みじかい命を抱きしめて
4594045359ロリー・へギ 扶桑社 2004-03-16
売り上げランキング : 20,677
おすすめ平均star
star難病と戦いながらも、周囲に気を使うアシュリー
starプロジェリアとは、どんな病気?
star泣きましたAmazonで詳しく見る

by G-Tools


読書図書館のように大切にフィルムコートしたい方はオンライン書店のbk1でどうぞ
みじかい命を抱きしめて





それは運命か奇跡か!? ~DNAが解き明かす人間の真実と愛~

B0001DD2D8
ポニーキャニオン 2004-03-17
売り上げランキング : 35,999
おすすめ平均star
starアシュリーちゃんの生き方に涙。
Amazonで詳しく見る

by G-Tools



:::::::::::::::::::::::::::::::::

★★★★★2006年2月・追記★★★★★

2006年2月18日(土)にフジテレビさんにてサイエンスミステリーDNA第4弾放送決定。

2006年2月16日の日記を見に行く⇒⇒⇒http://hideoo.jugem.cc/?eid=145


2006年2月18日の日記を見に行く⇒⇒⇒http://hideoo.jugem.cc/?eid=146


::::::::::::::::::::::::::::::::::


クリックするだけで募金ができるサイトです。
→ http://www.dff.jp
1クリックあたり1円を企業がクリックする人に代わって「熱帯雨林保全」や「難病のこども支援」などを行うNPO団体に募金してくれるサイトです。

時間がある時に是非クリックしてみてください。
------------------------------------------






アクセス解析
* このエントリーをはてなブックマークに追加Check
HIDE * 映画・ビデオ・テレビ * comments(14) * trackbacks(0) * pookmark 

スポンサーサイト

* このエントリーをはてなブックマークに追加Check
スポンサードリンク * - * - * - * pookmark 

コメント

ヒロさん、ありがとうございます。

ポジティブになってポジティブな言葉を発すれば、その言葉が何倍にもなって帰ってくるそうなので、ヒロさんのブログにも元気がいっぱい帰ってきているんですね。
Comment by HIDE @ 2005/10/08 11:57 PM
こんばんは。
コメントありがとうございました(^^)

>ひとたびネガティブなものをポジティブに転じる事ができれば、そこには希望や楽しみや平和に満ちた世界が待っています。

この言葉がすごいいいですね♪
人間は、変わろうと思えば、その瞬間から変われるんですね(^^)
ぽちっ♪
Comment by 元気が出る言葉のプレゼント ヒロ @ 2005/10/07 6:47 PM
アキシンさん、こんばんは。
「生きがいの創造」、もう少しで読み終わります。
(CDはまだ聞いていませんが)

他の本ではなく、流れ的にどうしても「生きがいの創造」をアップしたくて更新が止まっています(^^;

今日も帰宅は深夜になるので無理ですが、明日にはアップできる思うのですが・・・
Comment by HIDE @ 2005/10/07 6:02 PM
HIDEさん
先日は僕事にコメントありがとうございます
「生きがいの創造」なかなかおもしろいですね
ぼくもまだ半分くらいまでしか読んでませんが・・・
最初からすいこまれました
「子供が親を選んでる・・・そしてお腹にいたこと憶えてる」
Comment by 感謝好循環アキシン @ 2005/10/07 4:07 PM
かおりおりんさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

アシュリーはきっと、ロリーの事を思ってあえてプロジェリア病をもってロリーの子供になる事を選んだ。そんな気がします。

飯田史彦さんの「生きがいの創造」を読んでいる最中ですので、特にそう感じます。
Comment by HIDE @ 2005/10/07 12:03 PM
montanaさん、いつもありがとうございます。

montanaさんは十分にmontanaさんを満喫されたので、

次のステージに行かれるのだと思います。

更にパワーアップしたmontanaさんを見たい気もします。
(^^;
Comment by HIDE @ 2005/10/07 11:58 AM
HIDEさん、こんばんは。

私も以前、この番組を見ました。
アシュリーは治癒薬の見つかっていない難病にかかっていて、、毎日「生と死」の隣り合わせを何年も過ごし、さらに間違いなく「死」に向っているのを充分にわかっています。
それでもあんなにも自然に、全てを受け入れて、限りある時間を精一杯真剣に生きている。また、自分の体も大変なのに、お母さんや友人を気遣っていました。
アシュリーの心が強いから、とかではなくて、アシュリーの心は神様の領域に近いような気がします。

私は生まれ変わったら自分でいいのですが、正直に言えばもう少し人生の課題(シナリオ)をゆるやかにしたいなぁと思いますねぇ。
でも飯田史彦さんの本によれば、魂の向上のためにあえて人生の課題を設定して生まれるそうなので、今の魂のレベルにピッタリの課題を持ってるということになるのでしょうね。
(意味が通じないコメントかもしれませんね、ごめんなさいです。)
Comment by かおりおりん @ 2005/10/07 12:45 AM
私もアシュリーのことをTVで観たときに
ホントに元気な可愛い女の子で、ビックリしたのを覚えています。
生まれ変わったら・・・?えー?私は自分になりたいかなぁ??(汗)
個人的には、同じよりも、次回は全然ちがった人格の方が
訳分かんなくって楽しいかも!
って、変ですかしら?(笑)
Comment by montana @ 2005/10/06 4:34 PM
アキシンさん、いつもありがとうございます。

最近は私も生まれ変わってももう一回自分を選ぶ気がします。

生まれ変わりと言えば、今読みかけている飯田さんの本はそんな話ですね。
Comment by HIDE @ 2005/10/06 1:03 PM
HIDEさん
アキシンです
とても勇気をいただける話です
「もう一度生まれ変わるとしたら・・・」

僕も自分を選びます。
それは今の自分が好きですし自分は
自分にしかできないことが必ずあるからです。
「自分にしかできないことがある」ということは
他の人ではできないんですよね。
人はそれぞれ使命をもっている。
と言われるのでその使命を生まれ変わっても
自分として大事にしたいです。

Comment by 感謝好循環アキシン @ 2005/10/05 5:49 PM
成功おたくさん、おはようございます。

それぞれに与えられた使命があり、乗り越えられない試練は与えられないという事でしょうか。

アシュリーが神が使わした天使というのもうなずける気がします。

いつもありがとうございます。
Comment by HIDE @ 2005/10/05 8:45 AM
おはようございます。

苦難は、人に真実を教えてくれますね。
まさに「逆境は神の善意のしわざ」ということですね。

今日も感動しました。
ありがとうございました。
Comment by 成功おたく @ 2005/10/05 6:37 AM
笑顔整体の院長さん、いつもありがとうございます。

しかも、そのせりふを言っているのがわずか14歳の女の子で、しかも常に死と隣り合わせで、肉体的には既に100歳というのですから・・・

まだまだ自分の甘さに気付かせて頂けます。
Comment by HIDE @ 2005/10/05 3:20 AM
もう一回私を選ぶっていいですね。
今の自分に誇りを持ってないとなかなかいえないでしょうね。

自分も最もっとほこりの持てる人間にならねば^^
今日も良いお話ありがとうございます。ぽちっ
Comment by 笑顔整体の院長 @ 2005/10/05 2:57 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ