<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 成功して不幸になる人びと | main | 名経営者の行動哲学・100人百話 >>

会社にお金が残らない本当の理由・・・

ビジョンもあり、ミッションもあり、熱意(スピリッツ)もある。会社を興して成功するぞ!お客様第一主義で頑張るんだ!と思っておられる方。ちょっと立ち止まってこの本を読んで見て下さい。


売り上げも上がった。利益も出ている。十分ビジネスには成功した。・・・ところが会社に本当の「お金」はどれだけ残っていますか。「お金」に関するしくみ、ビジネスのルールをご存知でしょうか。


サラリーマンと経営者で根本的に違う点は「お金」の事を知っているか知らないかだと思います。この事は「金持ち父さん貧乏父さん」も言っています。


著者の岡本さんは、点棒の数え方も知らずに麻雀に参加して、幸運と奇跡に頼りながらゲームをするようなものと言われています。

又、江戸時代、年貢に苦しめられていた農民でさえ23%前後であったのに、現代では最高50%の税率・・・。
それに加えて、約23%もの社会保険料・・・。


そのシステムを知らないがために、昇給したのに手取りが減ったという話を聞かれた事はないでしょうか。


例えば、額面29万円の給料よりも、1000円低い28万9000円の人の方が「手取り」は多くなります。(私が自分の給料を決める時には必ず社会保険の料率表を見ましたし、改定にも敏感に反応しました・・・今は賞与にも社会保険料が必要になり、その分月々の料率が下がりました。)


起業を考えておられる皆さん。「ビジネスプラン」だけでなく、少し「お金のしくみ」についても考える良い機会になるのではないでしょうか。


人気blogランキングに登録してみました。よろしければご協力頂けますとありがたいです。m(_ _)m 人気blogランキングへ



ありがとうございました♪




会社にお金が残らない本当の理由
岡本 吏郎 / 岡本 吏郎著フォレスト出版 (2003.12)通常24時間以内に発送します。





アクセス解析
* このエントリーをはてなブックマークに追加Check
HIDE * 経営・ビジネスの本 * comments(2) * trackbacks(2) * pookmark 

コメント

>>玲治さん、いつもありがとうございます。粉飾決算と言う事でもタイムリーな本になるかもしれませんね。
Comment by HIDE @ 2006/01/27 3:15 AM
農家の本棚運営者の玲治です。
トラックバック張らせていただきありがとうございます。
「会社にお金が残らない本当の理由」では、決算書なんか意味ないんだ。と言う所にハッとしました。
そう思って決算書を見ると儲かっている会社ってすごく少ないですよね(^-^;)ゞ

これからも宜しくお願いいたします。
Comment by 玲治 @ 2006/01/24 12:14 PM
コメントする









トラックバック

徒然/読書感想/会社にお金が残らない本当の理由

中身は普通のことしか言っていないと思います。ただし、その普通なことを実践するのは非常に難しいので、意味がないとは思いませんし、お金の感覚があまりない人にとっては一読しておく価値があるかと思いました。(ひろ++) 参考になったブログ http://hideoo.jugem.
From Le Petit Royaume @ 2006/11/03 10:31 PM

岡本吏郎 会社にお金が残らない本当の理由

資本主義という「かっぱらい」システムを上手く泳ぐ方法
From 農家の本棚 @ 2006/01/24 7:52 AM
このページの先頭へ