<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 質問思考技術 QT〜Question Thinking〜 | main | 青空のむこう >>

神さまはハーレーに乗って〜ある魂の寓話〜

「すくなくとも、わたしは、自分が相応に知的な人間であることを事実として知っているし、わたしなどより愚かな人達が、ずっと幸福に生きているのもしっている。なのに、どうして私だけが、人生のむなしさを満たす方法を見つけられないのだろう?」


仕事や人生に疲れを感じ、恋に破れ孤独におちいっている37歳独身看護婦のクリスティーン。

そんな彼女の元へ一人の男が現れます。1340CCのハーレー=ダビッドソンにまたがり、Tシャツ、皮ジャン姿の神様が。

著者も訳者も主人公も女性ですので、読んでいてその軽快なリズムや視点に、これまでにない新鮮さがありました。


がむしゃらに走り続けて、ふと自分の人生の指針を見失う。肩肘をはり、虚栄心が横たわり、自分を守るために心の中に壁をつくる。

そんな彼女に神である「ジョー」は6つの戒律を贈ります。

無理な背伸びをやめて、ありのままの自分として、素直な気持ちで今この瞬間をいきいきと生きて行くこと。


プールやテニスコート付きの都会のマンションに住む彼女にジョーは、
「きみが、最後にテニスコートを使ったの、いつだい?」
「最後にプールで泳いだことは?」と問いかけます。

そして、テニスコートは使った事もなければ、プールも「髪が濡れるのがいやで、すっぴんを他人に見られるのもいや」だから泳いでいない、と、実際には快適なはずの高級マンションも役に立っていない事を指摘されます。

「・・・そしてその孤独な女性は決して泳ぎにゆくこともなく、その他、彼女のしたいと思う事は何一つできない。なぜならまわりの男どもが、それをしているときの彼女を美しくないと思うかもしれないから

「そして、そうなったら君は、自分が不幸なのは浅薄な男どものせいだと、はばかることなく吹聴してまわれるというわけだ」



やがて彼女は仕事の時間も減らし、給料が下がる分も見越して海辺のワンルームに引っ越す事を決心します。

「ブロンドのハイライトはいらない。テニスコートやプールもいらない。わたしに必要なのはわたしだ。ほんとうのわたしだ」


そこでもワンルームには入りきらない洋服たち・・・ダイエットが成功したら履くつもりの古いジーンズや昔の思い出のドレスたち・・・といった、これまでのアイデンティティの一部や心のよりどころだった衣装達も処分させられます。

そして、彼女は徐々に「ほんとうの自分」に出会って行きます。


人生につまづいた時、彼氏に振られた時などのちょっとした時にふと本書を読んでみてはいかがでしょうか。

きっと、あなただけのジョーがささやいてくれるはずです。
きみにはこれから先、たくさんの素晴らしいことが起ころうとしているんだ。それはもう、想像すらつかないほどさ
                 
     




人気blogランキング、皆様いつもありがとうございます。
これからも頑張って日々新たな気付きを綴って行きたいと思います。

よろしければ今日もご協力頂けますと励みになります。m(_ _)m

人気blogランキングへ←愛のひとポチお願いします。



↑他の本ブログを参考にされたい方も是非覗きにいって見てください。

ありがとうございました♪


ちなみにこんなのもあります。にほんブログ村 本ブログへ





神さまはハーレーに乗って―ある魂の寓話
神さまはハーレーに乗って―ある魂の寓話
ジョーン ブレイディ, Joan Brady, 深町 真理子



アクセス解析

* このエントリーをはてなブックマークに追加Check
HIDE * リラックスしたい時の本 * comments(6) * trackbacks(0) * pookmark 

コメント

アキシンさん、こんばんは。
いつもありがとうございます。
更新遅くなっております。せっかくお越し頂いたのにすいません。これかれ更新させて頂きます(^^;
Comment by HIDE @ 2005/08/28 1:33 AM
montanaさん、こんばんは。遅くなりました。
見栄やプライドも多少はないと、だらしないだけですが、あまりそればかりでもダメですよね。

けっこう自然体でのんきに生きていますので、私は幸せだと思います。
Comment by HIDE @ 2005/08/28 1:08 AM
こんにちは
アキシンです
応援の栗を置きにきました
ではまた明日気マース
Comment by 感謝好循環アキシン @ 2005/08/27 5:15 PM
素敵な本ですね!
他人の目を気にし過ぎて、自分のホントにやりたいことや
成りたい状況が分からなくなること!ってありますよね。
それに、重たい荷物(過去のしがらみ等)を持って歩いてると
いざチャンス!!って時に、思いっきり走れないしね。
身軽がなにより♪
今日も良い記事、ありがとうデス!
Comment by montana @ 2005/08/26 1:14 AM
アキシンさん、ありがとうございます。

ありのままの素直な自分を見つけたときに、充実した素晴らしい毎日がやってくるという教えでした。

つまずいたときに、少し落ち着いて周りを見て、自分も客観的に見て。

見栄を張らずに、頑張りすぎずにと言う事ですね。
Comment by HIDE @ 2005/08/25 6:46 PM
今日もすてきな言葉をありがとうございます。
>「きみにはこれから先、たくさんの素晴らしいことが起ころうとしているんだ。それはもう、想像すらつかないほどさ」

嫌なことが起きたときそのときはとても落ち込みますが
じつは良くなるきっかけに過ぎないのですよね。

試行錯誤して悩みや障害があるからそれを乗り越えた
ときの喜びがはっきりと感じることができるんですよね。

Comment by 感謝好循環アキシン @ 2005/08/25 2:59 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ