<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

1日加入型自動車保険のメリットや注意点などを簡単にまとめてみました。




こんにちは。

今日もいい天気で風の冷たさを除けば冬だということを忘れてしまいそうになります。

さて、先日、「子供が運転免許をとったので自分(親)の車を運転をさせようと思って自動車保険の年齢変更をしようとしたら10万円位値上がりなると聞いて驚いた。1日だけ安く加入できる自動車保険があるらしいけどどうなの?」と「1日自動車保険」のことについて聞かれたので、改めて調べてまとめてみましたのでご紹介しようと思います。


これから春休みに向かって自動車の運転免許をとりに教習所や合宿に行かれる学生さんなども増えることでしょうし、こういった問題を抱える方も多いと思いますので。


ご存知の方も多いと思いますが、自動車保険(任意保険)は運転者の年齢に応じて保険料が大幅に違います。

一般的に親が加入している自動車保険の運転者年齢条件は35歳以上(若しくは30歳以上とか)に限定されていると思いますが、その条件を18歳以上の同居の子供が運転できる全年齢補償のタイプに切り替えると年間保険料が約2倍〜2.5倍ほどに跳ね上がります。


ただ、最近の自動車保険では「別居の未婚のお子様」に関しては、たまに盆や正月に帰ってきた時に運転するぐらいなら年齢条件を変更しなくても良くなっていますので、運転者を本人や夫婦に限定していなければ大丈夫です。


ここが便利なようで若干わかりにくくもなっていますよね。保険証券に「運転できる人(保険が適用される方)は35歳以上」と書いてあれば35歳以上しかダメだと思ってしまいますし、但し書きで小さく別居の未婚の子なら18歳でも30歳でもOKですよってなっていても、あくまで「別居」で「未婚」でなければダメなので。



さて、話を1日自動車保険に戻します。自分では普通に自動車保険に入っているので発売された時にちょっと知識として調べた程度でしたが、今回調べてみたらT海上さんの車両保険付きのタイプが値上がりしていました。(確か以前調べた時は1000円だったと思います)
続きを読む >>
* このエントリーをはてなブックマークに追加Check
HIDE * 損害保険 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark 

ギョーザ中毒問題

JTフーズの中国産毒入りギョーザ問題。本日新たにメタミドホス以外の別の農薬成分「ジクロルボス」が検出され、この「ジクロルボス」は、千葉・兵庫・大阪で「メタミドホス」の見つかったギョーザからは検出されていない新たな毒物と言うことで、かなり真相に近づけるのではないかと思います。

今回の毒入りギョーザ問題では、日本では流通していない農薬の「メタミドホス」と、これまでも中国では使用禁止以降も農薬として散布されている事や、死亡事故もあった事などから早々に中国産野菜から、とか、中国の天洋食品で製造されたギョーザとか、中国を強調して相次いで報道されていました。

当初、人為的な混入も含めた警察の捜査があり、まだ日本国内での混入疑惑もけりがついていないにもかかわらず、どの報道も中国産の野菜の残留農薬が原因と言ったり、中国企業のモラル問題云々などで、中国産商品全般に悪いイメージを与え、一歩間違えば国際問題になりかねないと冷や冷やしておりました。

もし万が一、あの松本サリン事件の河野さんの時のように冤罪であったならば・・・などと最悪の場合も考えられましたが、現状では日本国内での毒物混入の可能性も低いみたいで安心出来そうですが、一刻も早い真相の解明と今後の防止対策に期待します。

・・・このJUGEMのブログは、読書の感想と要約のようなもの(書評などとは恐れ多い)がメインのブログですが、本来は読書記録は楽天ブログで、こちらは時事やその他自由なブログにするはずだったのですが、初期の頃はサーバーが重たく、なかなか更新出来なかったりかったり、ブログランキングに本ブログで登録したあたりから本の事だけになっていたような気もします。

さて、何故本日この毒入りギョーザ問題を取り上げたかといいますと・・・
続きを読む >>
* このエントリーをはてなブックマークに追加Check
HIDE * 損害保険 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark 

自動車保険について・・・その1

たまにはFPらしく本業の自動車保険について書いて見たいと思います。

一般に自動車保険には強制保険と任意保険があり、強制保険とはいわゆる自賠責保険(自動車損害賠償保険)の事で、新車を買った時や車検の時に必ず加入しなければならない保険で、対人賠償のみ補償されます。(ご存知無い方もおられるみたいですので、念のため)


今回は任意保険についてお話させて頂きます。


一般的には対人賠償、対物賠償、人身傷害補償、搭乗者傷害、車両などの保険をセットにしてご加入頂きます。詳しい事は他にもたくさん書かれていますので省略させて頂きますが、(希望があれば書かせて頂きますが・・・)


今日は保険の加入の仕方についてです。

一般的にはお車を買われた販売店や知人の保険屋さんといった代理店から加入される方法とTVなどでもご存知の通販会社に直接加入される方法の2通りがあります。(共済や一部損保では直接販売もありますが)


それぞれメリット・デメリットがありますので、私の個人的な意見を述べさせて頂きますと、

事故の経験の無い方や、あってもあまり保険や賠償の事に詳しく無い方、交渉事が苦手な方、地方の方などは、身近な代理店さんでご加入されるほうが良いと思います。

やはり、事故の際に電話一本で事故現場まで駆けつけてもらえたり、事故以外の時でも親身に相談に乗ってもらえると安心出来ると思います。(その分の安心料が代理店手数料だと思って頂ければと思います。上手く行けば保険を使わずに解決出来る事も多々ありますので。

又、どうしても交通事故の場合は相手もあり、保険会社の見解もあり、下手をすると事故の相手のみならず保険会社とも交渉しなければならないと言う事もありえます)


通販の場合はそういった代理店を介さない分、かなり保険料はお得になります。CMの通り年間2〜3万円位安くなる事も平気でありますので、ご家族で加入される場合などはかなりの金額になります。(逆に事故歴のある方や新規の方は加入出来ない事や条件によっては代理店を介す場合よりも高くなる事もあります)

都会に出られた方で、特に知り合いの代理店もないと言う方は、知らない人に事故の相談をするという意味では通販でも同じ事だと思います。


又、最近では代理店制度を利用する既存の保険会社や通販会社など各社の保険料を一括で見積もりしてくれるサイトも多数ありますので、一度試して見てください。

その際に、通販と既存の損保会社とが保険料的に遜色が無いようならば、評判の良いプロ代理店を紹介して頂くのが後々一番お得になると思います。

(その辺の事は追々、又は個人的にお話させて頂きます。・・・例えばお子さんが車を買われて保険加入を考えられる際には、別居の未婚の子ならば年齢条件を変更しなくても補償してもらえる保険や、同居のお子様なら子供特約、あるいは車両入替等級継承技など、ケースバイケースでお得なやり方が色々ありますので・・・)


あとは、やはり色んな評判を聞いて頂いて判断して頂ければと思います。


追伸:今日、人気blogランキングに登録してみました。よろしければご協力頂けますとありがたいです。m(_ _)m人気blogランキングへ










アクセス解析
* このエントリーをはてなブックマークに追加Check
HIDE * 損害保険 * comments(1) * trackbacks(1) * pookmark 
このページの先頭へ